FC2ブログ

Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

chapter 688

Posted by 玲secil on

職場や学校など、誰かと共に何かをしていく事は、時にストレスを感じる場合があるかと思います。

職場を例に出すと、よく耳にするのは 上司への愚痴や同僚や後輩に対する 気に入らない部分への苛立ち。


私は、まず その場で最も権限があり 色々と考えた上で支持をしていく人物は誰か、を頭に浮かべます。

そうなると、その場の上司だと思います。

上司は、勿論自分より経験が上で 色々な経緯あっての今のポジション。

培ってきた事を活かし、ようやくまわってきた自分の出番である案を実行し 形にするぞ、と意気込みや自信などがあるわけです。

それをサポートにまわり具現化する手伝いをするのが、部下の役目。

なので、自分の考えや意見は ひとまず置き、上司の指示、そして案を聞きます。

こちら側が上司の意見に沿っていけば、きっとこちら側の取り組みの頑張りをかい、いつしか 「何か意見や案はある?」と聞いてくれる時がくるかと思います。

勿論、自分の考えや意見は いつの時も持っておくべきです。

他社の意見は、気付きのキッカケや新しい方面の可能性を広めてくれる事になるので。


誰がその場のリーダーであるか、を考えた上での意識的な取り組み方をすれば、不満よりも 敬意と勉強させてもらう気持ちの方が強くなるように思います。

上司自身も、後輩に対する不満もなくなるでしょう。


お互いがお互いを認め合う関係は、意識のもとに生まれ、それが出来れば自然と良い環境が生まれていくでしょう。

スポンサーサイト