FC2ブログ

Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

愛知県の淡麗ラーメン 私的ベスト5

Posted by 玲secil on

美しい音楽、美しい絵画、美しい佇まい、美しい言葉づかい。。と美しさが滲み出た「品のあるもの」というのは色々な事柄で表現されていますが、勿論「食」の世界でもそれは存在します。

そんな中、実は「ラーメン」にも美しいものがあるという事を知り、それ以来 美しいラーメンを提供するお店を探しては見つけて行ってみる、という事をここ1年以内で繰り返しています。

その美しいラーメンとは、俗にいう「淡麗系ラーメン」の事です。

淡麗ラーメンとは、スープが濁らない、透き通った清湯スープによる、すっきりでなめらかさをベースにしたラーメンです。

淡麗系とひとくくりに言ってもタイプは様々ということで、今回は自分が住む地域である愛知県で行った事のあるお店の中から、お気に入りを5選紹介したいと思います。


まずは、食べたら疲れが癒され浄化された気分を最初に味わうキッカケとなった、愛知県安城市にある「鳥よし」の塩ラーメン。


名古屋コーチンを提供する居酒屋なのですが、こだわりのラーメンや名古屋コーチン料理など一品メニューも豊富に取り揃えております。

やはり名古屋コーチンを使用することだけあって、ダシの効き具合が素敵。

あっさりした中でのコクがあり、飲みや一日の締めにふさわしい食べたら心も体も安心して落ち着ける、という事を身を持って体験したので、この感動は忘れられませんでした。


次に紹介したいのが、名古屋市千種区今池にある 沖縄そばとらーめんの店「麺屋 玉ぐすく」。

沖縄グルメである「沖縄そば」や「ソーキそば」を始めとした沖縄テイストのラーメンが食べられるのですが、日高昆布や本枯節といった魚介素材を使用してとったスープと 名古屋コーチンの丸鶏からとった鶏スープをブレンドしたもとに、骨も食べられる柔らかく煮込まれたソーキと麺が味わえるソーキそばが最高に美味しいです。


今池という地域はライブハウスが多いのですが、店内ではメロコア・パンクバンドを中心としたアーティストのサインが飾られていたり、ライブ映像がモニターで流れていたりします。

実際に僕もライブを観た帰りに立ち寄りました。


次に紹介するのは、名古屋駅の新幹線口から高架線沿いを5分ほど歩いたところにある 麺家獅子丸。

白を基調としたおしゃれで清潔感のあるラーメン屋さんなのですが、そのイメージ通り伊勢海老をベースにしたクリーミーな白湯ラーメンを売りとしています。


口当たりまろやかなスープがたまらない!看板メニュー「獅子丸ぱいたんらぁめん」という名目で謳われており、ハンドブレンダーのようなものでクリーミーさを仕立てている様子が席からも見ることができます。

まろやかな口当たりで見た目も味も美しい、人に紹介したくなるようなラーメン屋さんでした。


お次は、名古屋市瑞穂区堀田付近にある らぁ麺や 汐そば 雫。

知人に教えてもらい有名店である事を知って行ってみたのですが、天然素材にこだわったラーメンを提供するというコンセプトで、
自分のいただいた「汐そば」は 鶏の旨みと魚介の香りがバランスよく調和された中での煮干し色を感じる味がしました。


優しい味ながらもしっかりと作りこまれた素材を活かしたテイストに、自家製の細麺。

堅実な美味しさから、思わずスープも全部飲み干してしまうような、そんなラーメンです。


最後に紹介するのが、愛知県刈谷市にある 麺 玉響(たまゆら)。

一見ラーメン屋とは思えない外観で、和を思わせる店の作りとなっています。

燻製の香るやさしい出汁の塩らーめんと話題の「竹燻製麺」なるものをいただいたのですが、綺麗に澄みきったスープとはまさにこれだ!と思いました。


鶏ガラと魚介節色が効いた塩味のスープの美味しさは勿論、とりどりの小さな玉あられがのっているのが また品があります。

そしてサイドメニューも素敵で、大根餃子なる餃子の具を大根で包んだものを 抹茶塩や味噌ダレをつけていただくという、他では食べたことのないような上品な一品もとても良かったです。


古民家のような佇まいからにじみ出る美しく品のある品々は、納得の味と気持ちの浄化の高揚が得られます。


という事で簡単に5店舗を紹介させていただきましたが、やはり「淡麗ラーメン」を提供するお店は、どこもまず店の外装から店内が美しく、その佇まいのイメージ通りのラーメンを提供する、というのが各店舗の共通項に思いました。

一日の終りに疲れを浄化させるような、体にも口にも心にも優しい淡麗系ラーメン。

これからも見つけ次第色々試して食べてみたいです。


スポンサーサイト