FC2ブログ

Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

名古屋市内のオススメのパン屋さん5選 2019年版

Posted by 玲secil on

幼少期の頃、近所のとあるパン屋さんにて置いてあったポテトサラダを挟んだバーガーの形をしたパンが大好きでした。

芥子マヨネーズと塩加減の具合が絶妙で、そこでしか味わえない一品。

オープン時間に行かないとすぐ売り切れるパンで、母親が「早く行って買ってらっしゃい」とよくお駄賃を握らせてくれたものです。

自分は引っ越しを経験し、その間にパン屋さんも職人が代わり置いてあるパンも代わって、いつしかパン屋さんじたいが無くなってしまいました。

あの時食べたポテトサラダのパンをまた食べたいけど、もう存在しないから幻の味。。

なら、同じものはもう食べられないけど、それを超えるパンを探してみよう!と思い数年前から始めたのが、愛知県内を主としたパン屋さん巡りです。

自分がこれまで行ったパン屋さんで現存する中で、とても美味しい!オススメできる!!と思った名古屋市内のお店を、今回は5件選んで紹介します。


1軒目は、名古屋市西区栄生に本店を持つ「Le Supreme ルシュプレーム」というパン屋さん。


名鉄線栄生駅から徒歩5分ほどに位置し、置いてある品はどれもお洒落な見た目をして味もその期待以上に楽しめ、多くのパンの種類を扱うお店です。

立地や客層に合わせた店作りではなく、東京修業時代に自分の経験した美味しいものの提案によるパンを扱う、という独自のこだわりのもとに2007年よりオープンさせたとのこと。

デニッシュ系、ハード系、各種惣菜パンや菓子パン、食パンにサンドイッチとどれをとってもクオリティーが高くバリエーション豊か。


店内に足を踏み入れたその時から、このお店の魅力に気づくと思います。


2軒目は、名古屋市東区高岳にあるベーカリーカフェの「terre a terre テーラ・テール」。


有機栽培などの原料にもこだわった小ぶりで上品なパンに、ブティックのようなお洒落な作りの店内。


そしてベーカリーカフェなので、併設されているカフェ内でモーニングやランチメニューも楽しめます。


焼き菓子もあるので、テイクアウトのお土産にも最適。

一度足を運んだら、誰かに紹介したくなるパン屋さんです、


3軒目は、名古屋市中区鶴舞にある「スーリープーSURIPU」。


2009年6月5日にオープンして以来、名古屋で絶大な人気を誇るパン屋として話題になっており、県外から買いに来るファンも多いとのこと。

取り扱うパンはハード系が多く、ガラスケースに並んだパンを注文するとスタッフの方が取り分けてくれます。


素材の味をしっかり噛みしめるこのができる本当に美味しいパンの極みを、自分はここで感じました。

あまりにも人気があり美味しいからか、早く行かないとほとんどのパンが売り切れている状態に。。

先日出向いた際に「13時頃に来ていただければ最も種類が揃っています」とスタッフの方に言われました。

鶴舞公園が近くにあるので、天気のいいデート日和にここでパンを買って、公園でのんびりお話しながらいただくのもいいかと。


4軒目は、名古屋市名東区一社にある「baguette rabbit(バゲットラビット)」。

白を基調とした横長のシンプルで、美容院やインテリアショップのような建物がまず印象的。


元々は名古屋市千種区に店を構えており、そこから移転して現在の位置へ。

営業開始時間が朝7時からと早く、やはり人気店なので早めに出向かないと色々な物がすぐ売り切れてしまいます。

店名の通り「バゲット」が一番の売りで、店内では次々と焼き上がっていくパンが続々と並べられていきます。


閉店時間は19時ながら、パンが売り切れたら店じまいなので、その点が注意です。


最後に紹介する5軒目は、名古屋市瑞穂区豊岡通にある「プーフレカンテ(peu frequente)」。


住宅街の中にあるマダムご用達であろう人気店で、予約しなければ買えないほど人気な食パンがあり、店内に入るとまず目をひくのがズラリと並べられた予約された食パン。。


1日数百個も売れると言われるクローネなど、入手困難になることもめずらしくないパンでいっぱい。

そんなクローネは、サクサクのパイ生地にたっぷりのカスタードクリームが入った円筒状のクロワッサンのようなもの。

小さな店内ですが沢山のパンがお出迎えしてくれる、知る人ぞ知る注目のパン屋さんとしてオススメです。



他にも色々な店舗に出向いたのですが、ここまで紹介しておきながら実は冒頭でお話した「ポテトサラダパン」を超えるパンはなかったのです。

しかし、移り変わりいく時代の中で、なくなってしまった過去は大切な思い出とし、今を生きる中で現存の事柄と向き合い言いわけせずに嘆かない心持ちで、何事も良きものは良いと認める在り方でいたいです。

パンじたいは好きなので、古き良きものから新しい感性によるものまで、これからも常にアンテナを張り巡らせて見つけ次第色々行ってみたいです。








スポンサーサイト