Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

chapter 1115

Posted by 玲secil on

相手を理解したい気持ちの上で、話を聞く。

これが、心からの聞き上手かと思います。

沈黙が怖い、と恐れる場合や気まずさを感じる方もいるかもしれませんが、延々と話す必要はないと思います。

自然体の自分で会話を楽しみたいもの。

誰かによくしてもらうと、気分もよくなります。

そうなると、心が開放されるのでこちらも話をしたくなる。

ということは、相手にもそういう気持ちになってもらえれば、お互いいいものです。

相手を思う気持ちは、どんな場でも重要なこと。

スポンサーサイト

chapter 1114

Posted by 玲secil on

例えば憧れの存在があるとします。

ファッションの方向性やその人が好きなもの、果てには考え方まで参考に、と意気込むかと思いますが、一つや二つは自分と違う思考部分がある場合、それを全て参考にする必要はないかと思います。

リスペクトできる部分はして、とくに自分の中では「そうは思わない」ということがあれば、それはそれでスルーでいいのではないかと。

自分の意見をプラスアルファすることが大事です。

あれやこれやと追いかけた後に、自分とは何かを考えてみるのもいいかもです。

真似は勉強の一つですからね。

chapter 1113

Posted by 玲secil on

恋愛は、最初の頃はルックスやキャラで好きになる場合が多いかと思いますが、ある程度年齢を重ねてくると、お互いの関係性や相手のヒューマニティに惹かれて、ということに変わってくるかと思います。

なので、タイプと付き合う人は違う、みたいなパターンもあるのではないでしょうか。

自分に合う人と出会うのは中々の確立ですが、この人いいかもというのに至るには、色々な人と知り合うしかありません。

様々な視点から人間観察をしたり交流を広げたら、本当に良い出会いが待っているかもしれません。

話が楽しい、沈黙も気にならない、居心地がいい、など、多くの人がそういう関係を築けるといいです。

chapter 1112

Posted by 玲secil on

自分と世代が下にいけばいくほど、感覚の違いでよくわからない、というようことをたまに耳にします。

何を考えているか、や、何故その時にそういう応対なのか、というようなものだと思います。

ですが、意外と打ち解ける方法の手段として簡単なことがあります。

それは、相手の世代の感覚に合わせたワードをこちら側が持ち出すこと。

例えば、最近はスマホでのアプリゲームが流行していますが、ある程度は無料でやれるものの、何かアイテムだったり有利な強化をしてより楽しむには、「課金」が必要です。

その「課金」というワードが今の世代らしいということに着目点を置きます。

それを踏まえて、何かわからないことで質問された際に「ヒントは一回だけだよ。でそれ以降は課金が必要だよ」というようなことを冗談で言うだけで、相手はこちら側をそういうのもわかるんだと認識してくれるので、「課金は勘弁ですよ(笑)」みたいな感じで返してくれます。

そこから、意外と相手が自分の色々な話をしてくれます。

各世代のキーワードやノリを押さえて、相手に合わせた口調で話せば、すぐ打ち解けられるはずです。

chapter 1111

Posted by 玲secil on

名古屋駅を降りて周りを見渡すと、高い建物で囲まれている様子がうかがえます。

名鉄側の建物も高く新しい構造へ建て替える、とのことだそう。

名古屋の駅周りが、より都会になります。

ですが、裏通りには老舗が多く、中村公園という方面へ向かうに連れて落ち着いた街並みになっていきます。

名古屋駅は、地下街も充実。

一日でだいぶ色々と楽しめます。

高い建物だらけになってしまったことに「変わったなぁ」とは思ったものの、魅力ある街として機能するのであればいいのかなと思います。

名古屋は、知らない人が来たらいざ来てみたもののどこに何があるかわからないかと思います。

大須、東山動物園、名古屋港水族館、覚王山、伏見、と順に紹介したいところ。

歩けば何かある。

chapter 1110

Posted by 玲secil on

もし天国があるなら、自分がそこに行った際に会いにいきたいところがあります。

自分が子供の頃に飼っていた犬です。

幼稚園に入る手前ぐらいにいたので、記憶としては自分と同じくらいの身長の犬がいたな、という程度。

でも、自分が病気がちで、母親がそれを犬のアレルギーでは?と疑い、保健所に連れていってしまったそうです。

その話を小学生の低学年の時に聞いて、思い出す度に悔やんで泣いてました。

今でも胸の詰まる思いですが、天国に行けたら誤りに行きたいです。

で、もし許されるなら、そこから一緒にいたいなと思います。

何をしていてどう幸せに暮らしているかはわかりませんが、もし他によくしてくれている人がいれば挨拶しに行く程度でも大丈夫です。

命を預かることは、本当にしっかりしなければ、と思います。

その後にハムスターを二匹飼ったこともあるので、二匹にも会えれば会いたいですね。

chapter 1109

Posted by 玲secil on

道徳的なことを真面目に語ると、宗教的な意味合いで捉えられ、茶化されることがいつもあります。

確かに、おおっぴろげて話すことではありません。

何か話す機会があれば述べる程度で。

でも、確かに「これはこれ」と決めつけるような感じで相手に強要を求めるような感じになってしまう場合は、避けたいですね。

「これはこういうものだからさぁ、君もそうしないと」みたいなこと。

まずは相手の話を聞いて、もし悩んだり迷っている場合なら、自分の考えを「自分の場合は。。」という前置きのもと話をしようかなと。

chapter 1108

Posted by 玲secil on

母には兄が二人、弟が一人います。

横浜、北海道、愛知、と皆バラバラの地域に住んでいるのですが、北海道に住む母の兄に私は会ったことがありません。

ただ、母宛てにたまに贈り物が届きます。

それは唐突なのですが、恐らく「これは便利だ」「これは良い」と思ったものをご厚意で何の前触れもなく送ってくださっているのでは、と思います。

今日は、フライパンとヨガの本が送られてきました。

フライパンは魔法のフライパン、ヨガの本は体を整える内容のもの。

健在の間に一度会いに行こうか、という話が出ています。

北海道まで飛行機。

北海道には、お会いしたいお世話になっている方が他にいるので、是非行きたいところです。

chapter 1107

Posted by 玲secil on

「変わってる」という言葉は、基本的には褒め言葉ではないかもしれません。

でも、それを「ユニーク」と捉えて気に入ってくれる場合も中にはいます。

その場合、相手はこちらの事を好印象に思ってくれる人として大事にしたいもの。

「変わってる」と思うツボは人によって違いますし、皆何かしら持っていると思います。

私は自分では変わってると思わないものの、他の人からしたら「変わってる」と言われたことがいくつかあるので、一つ例としてあげます。

焼き肉屋で私が好きなものは、卵スープです。

塩っ気があり、卵白がかった中華風の卵スープ。

これと白ごはんが食べられ、合間にキムチなんかもはさめれば、肉はおまかせで何でもいいです。

ですが、焼肉屋なのでやはり肉がメイン。

これを変わっている、と思われるのは仕方ないかもしれません。

でも、面白いと捉えられ誰かにネタとして笑い話されれば、いいものです。

chapter 1106

Posted by 玲secil on

個人の欲求は意味のないものだと思っているのですが、何故か欲求が沸き立ってきます。

自分の為の欲求なので、誰かに何かいいことが起こるわけではありません。

名誉的な称賛の利益よりも、努力して地道に培った広がりで、謙虚にずっと努力していく心持の方がいいものですが。。

誰かに「あの人いいひとだよね」と言われるのは素直に嬉しいですが、意識しすぎるとダメになるものです。

欲求だけで生きていると、簡単には叶わない場合が多いので辛くなるはずです。

自分の為の称賛ではなく、誰かの為の喜びにパワーをシフトしたいですね。