Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

スポンサーサイト

Posted by 玲secil on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter 1087

Posted by 玲secil on

大学4年生の方が、そろそろ就活に入る時期でしょうか。

色々な企業の説明会に参加し、一次試験を受けたり、色々忙しいかと思います。

最近はブラック企業という言葉が認知されているので、企業の話をしっかり聞いて質問もたくさんして備える、ということも聞きます。

ただ単に面接に挑むということだけではない感じですが、自分を相手に印象づける言動や、コミュニケーションスキルを高めた上での挑戦はいつの時も同じ。

でも、自分が学校で学んできたことを踏まえて、自分のできることを定めて挑み、正直に自分の今の考えが答えられたら好印象を与える気がします。

縁はどんなところにあるかわからないので、落ちても気にすることはないと思います。

人生の大きな分岐点、皆さんの成功を祈ります。

スポンサーサイト

chapter 1086

Posted by 玲secil on

音楽を作ったり演奏する人、絵を描く人、物語を描く人、など、芸術活動に携わる人は、どうしてそれをやろうとするのか、興味を持ったのか、という部分に興味があります。

その精神心理や作用は、幼い頃の何かが影響しているのか、というようなパーソナル的な部分。

私は音楽が好きなので、クラシックの作曲家やジャズプレイヤー、ロックアーティストの生き方に興味があり色々調べたりしています。

元々の家庭の習わしでやっているのか、途中で何かに影響を受けて興味を持ったのか、など。

そういう事をしることで、生まれた作品の本質に触れられるような気がします。

あと、芸術で心が癒せられるのなら、それを探る上でのヒントにもなりそうです。

繊細な感性が故の心の陰りなども気になりますし。

最終的に、芸術を生む人が世の中や誰かの為に作品を作るようになり、その人にとっての幸せが掴めたらいいのかな、とも思います。

芸術の楽しみ方は、奥が深い。

chapter 1085

Posted by 玲secil on

一年間浪人をして志望大学を目指す方は、よく聞きます。

有名大学を目指す方でそういう場合が多いかと思いますが、自分の知っている中でも東京大学を目指す人がいました。

常に勉強をしていたり焦りを見せる様子もなく、ただ浪人生ということだけを言っていたのでどこの大学を目指しているのかを知らなかったのですが、後で大学名を聞いて驚きました。

ゲームをして遊んでいたり、バイトもしていたり、音楽も趣味でしていたり、色々やっている中の片手間で受験に挑んでいるような印象でしたが、集中力と無駄のない賢いやり方で掴んだのでしょうか。

色々な話を聞いてると、どうやら一つの事柄に対して隅から隅まで確認し、一度クリアしたものを二回目もやる、というようなスタンスを無意識でやっているようでした。

そういう要領が根付いているセンスが他の人とは違う様子で、印象に残っています。

文学部に入るそうですが、小説家でも目指すのでしょうか。

何だか気になるうちの一人でした。

chapter 1084

Posted by 玲secil on

今まで苦手だな、と思った人に、勝手ながらの自分の相手に対する嫌なイメージを印象づけることがありました。

相手の個性であり、自分が相手のセンスにうまく対応できないだけなのに、相手のせいにしてしまう心癖。

それはもしかしたら誰しもあるかもですが、実は苦手だなと思う人とある程度関わっていくにつれ、良い部分が見受けられてくるのです。

人は良い部分とそうでない部分が必ずあるといいますが、勿論全人類共通。

なので、苦手だなと思った時点で、誰よりもその人と関わりを持つことを決定し意識していくと、早い段階で相手と良い関係が築けるかもしれません。

その為には自分の会話スキルやセンスなどを磨くわけですが、当たって砕けろでいいと思います。

何がどういう方向で転がるかはわからないもの。

もしかしたら、面白い印象を相手に受けつけることができるかも。

そう思うと、嫌だった気持ちも楽しくなるかもですね。

chapter 1083

Posted by 玲secil on

「高校中退はハンデになる」というようなコラムを読みました。

実際、職種覧の条件に「高卒以上」というのはよく見ます。

他にも「要普通免許、大卒」などもありますが、やはり一番よく見るのは高卒。

学歴社会は「らしいな」と思いつつも、色々な境遇でも関係なく条件が求められるのも「らしいな」と思います。

誰も不幸話は望まないえすからね。。

でもそんな中で、頑張っている人もいます。

高校を中退してしまった後に、努力をされた方。

自分に恥じない生き方を頑張る人。

人生に後ろめたい心残りがないように、自分に打ち勝つ挑戦をした人。

素直に、カッコイイですよね。

そういう頑張っている人を悪くは言いたくないものです。

途中ではみ出してしまっても、不幸話にもっていかないで頑張っている人に、幸あれ。

chapter 1082

Posted by 玲secil on

今日見つけた「ごくろうさまです。」

それは、深夜帯という電車が通ってない時間に線路の整備をされている方々。

雨が降り寒い気温の中、安全確認としての線路の整備をされていました。

いつも何気なく利用している公共の乗り物や道路などは、やはり人の手あってのもの。

皆があまり気づかないところで、作業等を進めてくださっています。

これに限らず、電線工事などもそうですね。

いつも平和で便利な日常を作ってくださり、本当にありがたいです。

chapter 1081

Posted by 玲secil on

図書館が好きで、よく利用します。

愛知県ですと、丸の内にある愛知県図書館、豊田市にある豊田市図書館、刈谷市にある中央図書館、岡崎にあるリブラ、が知っている中ではいいです。

愛知県図書館は5階にすがきやが入っており、飲食スペースがあるのが魅力。

よくここで休憩しています。

本の種類もたくさんありますが、CDも借りれたりします。

図書館はリファレンスといって、お客様の知りたい探しているものを真摯に探してくれるサービスがあります。

クラシックの曲で聴きたい曲があるけど、何のCDに入ってるかわからない、という問いも答えてくれたり。

地元の事や新聞記事に資料などもリファレンス可。

これは、住民には凄く有り難いサービスです。

無料で色々なことが学べる図書館。


豊田市の図書館は芸術ホール的なところと近接しており、映画のDVDなども豊富。

色々な図書館に通ってみたいです。

chapter 1080

Posted by 玲secil on

冗談が言い合える仲は、いいですよね。

関係が深まっている証拠です。

お互いを信頼し打ち解けているからこそのノリ。

誰かと打ち解けるのが苦手な場合は、自分のガードが固いかもしれません。

「自分は○○だから」という念が強いと、自分を相手に伝えることは閉ざされてしまいますからね。

人見知りだったら慣れるのに時間がかかりますが、ずっとそうだと損だったり。。

人間関係は、深まれば深まるほど、きっと人生が楽しくなる。


以前、就職活動をしていた人が「世の中、人間関係を作るコミュニケーション能力がやはり最も大事」と言ってました。

あだ名を覚えてもらい印象づけることに成功し、人事部の人に気に入られたそうです。

チャンスもものにするその人の能力は凄いですが、こういうキッカケもあるというほど。

chapter 1079

Posted by 玲secil on

春なので、新しく誰かが職場やクラスに入り、環境が新しくなるかと思います。

新人さんに教えるばかりではなく、気付かせてもらうことも、実はあったり。。

初めてで知らない視点なので、慣れてしまった自分の視点では気づけない部分がある。

そして、緊張感をもっての応対を新人さんは心がけているので、こちらも改めることができる。


どうしても慣れてくると色々浮かれてしまうことがありますが、新人さんに教える立場となると、同じように基本に立ち返りながら改める気づきがあります。

世代によって考え方や知識による価値観も違うのが、面白いですよね。

chapter 1078

Posted by 玲secil on

何かをすることにたいして、通常のかかるであろう時間より15分余裕を持たせるようにしています。

たまに時間に余裕がなくて焦ってしまう時がありますが、その時に心の中に起こる心理はイライラです。

そのイライラが募ると、かえって時間がかかってしまうことも。。

これは、誰にでもよくある話かと思います。

時間に余裕がないと、自分の都合での心持ちしかなくなるので、誰かに対する不満がでてきます。

それはあまりいい気分ではなく、状況も辛くなってきます。


万が一時間に間に合わない場合、諦める気持ちも大事だということを聞きました。

焦らなかったことでイライラも回避でき、意外と間に合ったという場合も。

結果オーライというのも、心の持ち方の表れなのでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。