Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

スポンサーサイト

Posted by 玲secil on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter 1056

Posted by 玲secil on

強くなる、ということはどういうことなのかというのをよく考えるのですが、ここ最近では「強くなる」ということは「自立できること」なのかな、とよく思います。

自立は、一人でも生きられるということ。

それは決して孤独ということではなく、精神面でも経済面でも一人で努力できること。

誰かに依存すると、一人では生きられません。

自分は自分、他人は他人ということですが、自分勝手ということではなく、他者愛あってのもの。

強くなって一人前になったら、ようやく仕事も恋愛も一流になれるのではないでしょうか。


強い人には、憧れ惹かれますよね。

スポンサーサイト

chapter 1055

Posted by 玲secil on

賛否両論、というのは何事においてもそうです。

自分の意見をちゃんと持っていることが大事だと思うので、賛でも否でも どちらでもいいと思います。

その変わり、どんな意見にも聞く耳を持つこと。

道徳や正義としての常識はあるかもですが、そういう事以外は何でもあり。

それが私の意見。


意見を述べあい価値観を知る事が楽しいです。

知らない事を知れる楽しみ。


chapter 1054

Posted by 玲secil on

祈る、という事で得られる何かを皆さんは体感したことがあるでしょうか。

何かを念頭に置いて、神様に祈りを捧げること。

誰かのことを思って毎日苦労を捧げて祈り続けると叶う、というようなことを聞いたことがあります。

他者愛で苦労を捧げた場合、神様は見てくださるのですね。


私は、一度母が原因不明の体調不良を患った際に、少し大きめな神社でお参りをしたことがあります。

その際に、母の体調に関すること以外の余計な気持ちがなかったのか、比較的早い段階で効果があったそうです。

祈る、ということ以外でも本当にそのことを思って必死になると、良いお導きがあるように思います。


もし何か祈ることがあれば、念頭において皆さんが幸せになり良いお導きがあるといいです。

chapter 1053

Posted by 玲secil on

自分より年齢が二つ上の方から聞いた話です。

初めはサラリーマンを経験されていたが、途中から派遣会社での登録に切り替えたそう。

一年間、自分がこれまで経験してなかった様々な職種を経てスキルを磨き、同時に1年間お金を貯めていたそう。

目標の金額に達成したら、全国の宿や旅館での住み込み派遣をしながら、日本を旅するそう。

そのお話を輝いた目でされていたので、目標に努力されている様子がうかがえました。

こういう話を自分でサラッとできるカッコよさは勿論、自分の生き方を見つけて向かっている姿勢に魅力を感じました。

色々な生き方があって共感や批判もそれぞれですが、この方には今後も次々と目標を達成していただきたいです。

貴重なお話をしてくださり、有り難かったです。

chapter 1052

Posted by 玲secil on

昔、道端で急に土下座をする人がいました。

当時は子供だったので咄嗟の出来事によくわかっていなかったですが、今思うと物乞いに近いものでした。

それから数年後、「帰りの電車賃がないから困っている」という人に出くわしました。

あとから聞くと詐欺なのでは?という意見が多かったのですが。。

もし本当に困っている人がいたら、万が一詐欺だとしても自分の場合は助けてあげようと思います。

詐欺でも、こちらの良心で改心してくだされば嬉しいものです。

あと、自分がもしも困ったときに誰も助けてくれないことを思うと、あれなので。。

「ハンサムスーツ」という映画内で、ドランクドラゴンの塚地さん演じる定食屋の息子が、食い逃げをした犯人に対して「また来てくださいね」と笑顔で言ったのがとても印象に残っています。

自分も、そういう人になりたいと思いました。

chapter 1051

Posted by 玲secil on

自分が苦手、と思う人がいた場合。。

一方的に悪く言ったりするのは、「ちょっと待った」と思います。

相手の何が気に入らないのか、自分には不足がないか、ひとまず考えてみる。

自分の今を反映している人間関係と思うと、意味のある人でしょう。

心を多く占めている一人にもなりますし、もしかしたら自分の弱い部分を成長させてくれるうちの一人かもしれない。

相手のことを悪く思った時、自分の心には抱きたくない気持ちでいっぱいかと思います。

そんな気持ちをクリアに持っていくために、相手の事情に寄り添ってみたい。


意外と、本当によくない関係というのは世の中少ないのかもしれません。

世の中の多くの誤解がとけますように。

chapter 1050

Posted by 玲secil on

アメリカでは孤独は恥という扱いだと聞いた事がありますが、孤独はひとりぼっちであり世の中に馴染めないという面で 社会的機能を果たす事が難しいから、に思います。

孤独の原因は自身にあるにしろ、この場合 他者愛としての差しのべは あまいのでしょうか。

自分にとって難しいけど他人にとっては簡単、というのは誰にしろあるかと思います。

それと同じような気はしますが、孤独の惨めさは ずっとつきまとうものであり、終いには他人を憎む気持ちも出てきてしまっては、それは大変なこと。

辛くなったら、素直な気持ちで誰かに相談したいものです。


まずできる事といえば、他人に興味を持ちスポットを当てることでしょうか。

chapter 1049

Posted by 玲secil on

乃木坂46の橋本奈々未さんが、芸能会を引退されました。

結構タイプな方だったのでもうお目にかかれなくなるのは残念ですが、素晴らしい方だというのは一連の言動でわかりました。

引退後も、家族含めてどうぞお幸せに、と思います。

自分以外の人の為に苦労をできる、ということは中々できません。

どうしても自分の状況や都合の感情のみが先行してしまいがち。

自分のことだけを考えると、何故かネガティブになり辛くなります。

でも、誰かの為を思っての行動は愛があるので、ネガティブな気持ちでの辛いというのはないのかもしれません。

勿論自分の成長もあったと思いますが、橋本奈々未さんの功績は誰かのためになり影響を与えたことでしょう。

本当に凄い。

chapter 1048

Posted by 玲secil on

「一度でも愛したことのある人を、悪くいうものではない」と聞きます。

その考えは素敵ですし、その通りだと思います。

お互いの心が惹かれあった事実、愛を交わした日々、どれをとっても二人にとってプラスな出来事です。

良き思い出として心にしまい、自分を成長させてくれた人として感謝したいものです。


何かしら思うことがあっての相手への負の感情かと思いますが、それを良き感情に変えていけたらいい。

自分に合う人を探したり、成長として高める意欲という面では、恋愛はポジティブなイメージをもってのトライ多き人は、いいと思います。

そういう人と話をすると、明るい印象を抱きます。

健全で平和な心の恋愛は、たくさんある分いい経験。

勿論、ずっと一途な関係ができたことに越したことはないですが。

chapter 1047

Posted by 玲secil on

春は出会いと別れの季節。

大学卒業を機に付き合っていた人とお別れした、という話を何度か聞いた事があります。

一つは、就職先が県外で お互いの道を選ぶ為にお別れした。

もう一つは、付き合っていた人と心のすれ違いが生じてきたが、就職先で知り合った同期の人が魅力的で その人を好きになり別れを選んだ、というもの。


新しい事を始めるにあたっても、春は向いてます。

春のリフレッシュさは、どんな場合でも ポジティブに捉えていいと思います。

たとえ涙しても、それは成長に繋がり 良い思い出と化します。


お別れしても、自分の人生には ずっと残りますし。

春は、悲観的にならず 新しい機会がもしあるなら、是非トライを。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。