Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

スポンサーサイト

Posted by 玲secil on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter 997

Posted by 玲secil on

人間には、アクがあります。

そのアクは、例えば ちょっとした事で苛々する心情や、何かに執着する癖など、自分の心に陰を潜めるもの というイメージです。

私にも、たくさんのアクがあります。

まず、平和的な在り方を好みますが それとは逆な在り方を知ると 心が沈みます。

あと、自分に出来ない事があると 恥ずかしがる部分もあります。

これは、自分とは違う世界の在り方を知っても苛立つことなく冷静に応対する心を保つ修行が足りない事が一つ。

あと、自分の無力さを認めた上で何事も努力し少しでも世の中に役立つ為になれるように、と前向きになる気持ちが足りないから なのか、と思うわけです。

アク、癖は、自分を支配しているものの一つなので、少し取り除くだけでも とても辛いかもしれません。


上や下、みたいな差別も私は嫌いなのですが、どうやら アクと癖があるとないとでの差が人間には あるようです。

差別が嫌い、と思っている自分は 自分より上の人間と同じ立場にいたい と思うからこそ、差別が嫌いと思っているのでしょうか。

自分のダメさを自覚し、向き合い直していく修行が、アクを取る強み と言えるでしょう。

スポンサーサイト

chapter 996

Posted by 玲secil on

世の中には納得のいく事といかない事があるかもしれませんが、世の中にあるルールは場によって違い たくさんあります。

自分の知っている世界だけが正しいわけではなく、他人を知り認めあう事で新しい視野や考えを知る機会が色々な場であるのです。

何処かの企業に勤めれば、その企業の利益が最優先になるわけですから、自分の意見やプライドなどは二の次の次です。

違う国に行けば違う風習があり、常識が利にかなわない事も多々あったり。

ですが、それをネガティブに捉えず 色々な経験をさせていただいて有難いと思い、どんな場でも自立できるような力を蓄えていければ一人前です。

chapter 995

Posted by 玲secil on

年末は、どこも忙しい時期。

私は今日くらいしか時間がなかったので 髪を切りに美容院へ予約を入れようとしたのですが、何と 予約が満員。

何軒かまわりつつ、一軒だけ たまたまタイミングよく美容師さんで一時間空いているお店があったのでお願いしました。

美容師さんのお話を聞いたところ、休憩時間は ほぼないものと捉えているそうで睡眠時間も短いそうです。

そんな中、快く引き受けてくださり、しかも短い時間内に希望に沿ったカットをしてくださったという、プロの方に応対があたり、ラッキーだった面もありながら 大変有難かったです。

仕事のプロの方の一面を見れて、良かったです。

これは、見習わなければ。。

chapter 994

Posted by 玲secil on

THE YELLOW MONKEY

メカラウロコ27

日本武道館

1.MORALITY SLAVE
2.DRASTIC HOLIDAY
3.FAIRY LAND~電気じかけのナルシス
4.SECOND CRY
5.FINE FINE FINE
6.VERMILIONHANDS
7.聖なる海とサンシャイン
8.Four Seasons
9.SHOCK HEARTS
10.RED LIGHT
11.セルリアの丘
12.パンチドランカー
13.Sweet & Sweet
14.太陽が燃えている
15.SUCK OF LIFE
16.Father
17.フリージアの少年

アンコール
1.This is For You
2.真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)
3.Subjective Late Show
4.砂の塔
5.東京ブギウギ(おそそブギウギ)
6.アバンギャルドで行こうよ
7.悲しきASIAN BOY


に行ってきました(^^

素晴らしいライブを締めに。

chapter 993

Posted by 玲secil on

人間関係のタイミングは不思議なものです。

最初は完全な他人同士であっても、数年後に何らかのキッカケで突然話をするようになり仲良くなるというパターンもあれば、出会ってすぐに意気投合しても 何年か後には疎遠 という場合も。。

人間関係における、お互いに意味のある成り立ちがあり、それが消化されたら関係性の卒業として 互いに違う方向へと行くという感じでしょうか。

関係に執着しすぎると辛いものですが、いい意味で 自分と他人という自立した在り方が互いにできていたら、心持ちは辛くないのかもしれません。

ずっと友人でいる人は有難いですし、少しでも関わりがあってその時を共にできた関係でも 感謝したいもの。

過ぎた事に対して妬みや悔やんだりせず、本当にクリアな心持ちでの今の人間関係が大事にできたら パーフェクトに思います。

chapter 992

Posted by 玲secil on

ドミノピザが、クリスマスに受けた注文のピザを指定時間内に配達できなかった事態に陥る、というニュース記事を読みました。

指定の時間に4時間以上遅れたり、中には お客さんからの怒号や バイトの子が泣き出す事態に陥ったりと、色々と本当に大変だったそうです。

注文のキャパを越えた以上の事を引き受けた、という面が問題である、という事もありますが、引き受けてしまったのも わからなくはありません。

お客さんから怒号が怒るのも、わからなくはありません。

店員さんの苦労も含めて、今回のような事態が起こった事を把握し、「仕事」とは何かを考えさせられました。

色々な職業の人がいてこの世界が成り立っている事に感謝。


ピザの配達時にバイク事故が起こらなかったのが何よりですね。

自分では絶対できないような事を、ドミノピザのスタッフさんは懸命にやられた。

凄い。


chapter 991

Posted by 玲secil on

「対談」は面白いですよね。

知ってる人が対談企画に出ていると、つい見てしまいます。

話をする、コミュニケーションをとる事が、自分にとっての新しい視野を広げたり様々なヒントを得る、最も効果的なことに思います。

自分だけだと限界がありますね。

ですが、コミュニケーションで自分を成長させるには 素直な気持ちと受け入れが必用でしょう。

何かを指摘された際に、意識して取り込める人は素直な気持ちの持ち主かと思いますが、できる人の卵でもあると思います。

自分の知らない世界の人、人生の先輩、異性、と世の中にはコミュニケーションのキッカケがたくさんあります。

そこに気付いた時から、新しい何かが始まりそうな予感がしますね。

chapter 990

Posted by 玲secil on

BUCK-TICKのライブ、名古屋公演を観に行きました。

開演前、現代音楽が流れる会場が印象的な中、ダークで耽美な世界観がメンバー登場と共に更に深まり、BUCK-TICKワールドが最後まで全開のライブで とても素晴らしかったです。

ボーカルの櫻井さんのセクシーな声や動きの中で、ファン思いな素敵なMCをされているのも とても良かったです。

BUCK-TICKは、来年でデビュー30周年。

常に不動のメンバーであり、最先端な音楽を独自の在り方で追求し続けている、多くのアーティストからリスペクトされている存在です。

BUCK-TICKを好きで良かった。

chapter 989

Posted by 玲secil on

自分が現在行っている音楽活動においての、今年最後の発売となる音源のパッケージ梱包までが終了し、ようやく取り扱い店舗様に納品をする運びとなりました。

今年新しく始めたプロジェクトで、何かやるぞ と意気込み一年計画を立てていたのですが、予定とはいい意味で大幅に違う結果となり、ある意味充実しました。

「作る」と決めて、実際に形にしてリリースする、という流れは 結構面白いものです。

1月、2月、3月に 無料配布音源を3種類出し、5月に4曲入り+DVD付きのEP、7月、9月、そして12月にコンセプトアルバムを3種、と合計で7種の作品を出す事ができました。

来年も計画があり、現在は1周年記念に向けての製作に取りかかっているところです。

CD1枚を作る苦労もそうですが、1枚を売る大変さも改めて気付きました。

各作品を手にしてくださった皆さんに、感謝しています。

来年も、楽しんで音楽活動を継続していきます。

応援してくださっている方、いつも有難うございます。

chapter 988

Posted by 玲secil on

お歳暮のような贈り物は、大事だと思います。

中々会うことができなくても、相手の事を思っての贈り物なので、挨拶がてらに言葉を添えて送るだけでとても嬉しい気持ちになる事は間違いないです。

金額よりも気持ちが大事なので、思った時に是非実行を。


贈り物といえば、クリスマスが近いので プレゼントをあげる機会も多いのでは。

ラッピングや手紙のデザインも、クリスマス仕様になるだけで 貰った際に わぁっ☆となります。


一年の中に贈り物ができるキッカケが何度かあります。

誰かを思っての贈り物は、してもされても良い気分。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。