Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

chapter 844

Posted by 玲secil on

美味しいご飯を食べる事は、とても意義のある事だと思います。

お腹がすいたり、好きな食べ物があったり、食べる事が苦痛でないのなら、毎日 美味しいという感動を味わいたい。

好きなものばかりを日々食べるというわけではなく、本質的な美味しいを感じて 日々の活力や感性に活かすこと。


味噌汁のだしを鰹節などでとり、素材を活かした調理感覚で具を入れる。

これだけで、味噌汁をとても美味しく感じます。


土鍋で炊いたご飯、センスのいい漬け物、醤油、みりん、塩による的確な味付け、等。


毎日を彩り感性を働かせる役目として、食は大事にしたいですね。

スポンサーサイト

chapter 843

Posted by 玲secil on

年齢を重ねて最近わかった感覚があります。

親戚の人から 「大きくなったね」と言われた事を、甥っ子や姪っ子などに思う。

3歳~5歳くらいの子が、10年経つと 中学生や高校生。

10年は、あっという間なのです。

20歳になったら いつの間にか30歳で、30歳になったら いつの間にか40歳。

何もしなくても、あっという間。

後悔をしない為にも、思っている事は 常日頃から叶えていきたいものです。

chapter 842

Posted by 玲secil on

心に扉があるのなら、それを開く事は 普通は難しいのかもしれません。

自分でも開け方、開けるタイミングがわからない、と思ったりもしたり。

誰もが、あるのかもしれません。

開けられる人が現れたら、それは とても大きな出来事。

今開けなくても、開けられる時がきたら、また その時に。

chapter 841

Posted by 玲secil on

人によって、好む好まないで そのものに対して述べる印象が全く違った、という経験は 皆さんはありますでしょうか?

私は海が好きです。

とくに、誰もいない晴れた空の海。

自然が感じられ、波の音、鳥の鳴き声など 広大な水の流れの中で海を感じながら、心が全て許されていくような解放感に浸るのが好きです。

ですが、あまり好きではない派にとっては、海に怖さを想像したり、海の匂いが嫌だったり、全く逆なイメージ。

どれだけ熱弁して体験してもらっても、良いイメージに変わる人は少ないかもしれませんね。


しかし、違う人の意見を聞くと 自分が考えもしないイメージの話が聞けるから、そういう意見もあるのか と参考になる事は間違いありません。

朝食に卵が付く事が定着している人もいれば、卵は嫌いだから避けたいという人もいたり、色々。

私は 自分の好みやこだわりはあるものの、何でもありなタイプなので 何でも楽しめる事もあり、色々な人の話を聞く事が多いです。

おかげさまで、常に色々な人の価値観を知る事ができました。

「で、あなたは どうなの?」と問われて 相手と違ったら相手から何か色々と言われる事もありますが。

良い意味での自由で何でもありなのが、平和的に一番です。

chapter 840

Posted by 玲secil on

3年くらい前に、DJをクラブイベントでやりました。

その時に流した曲が、こちら。


waves on canvas
「Twenty years」

Mr.kitty
「Inhale,Exlale」

MARILYN MANSON
「mOBSCENE」

DANIELE DAX
「CAT HOUSE」

PRYAPISME
「RANDOM JEAN VIGO」

ATARI TEENAGE RIOT
「ACTIVAE!」

BT
「TOMAHAWK」

killing joke
「Exorcism」

EINSTURZENDE NEUBAUTEN
「PROLOG」

NIRVANA
「Breed」

The Roots
「Rat Race」

VELVET UNDER GROUND
「SUNDAY MORNING」



THE YELLOW MONKEY
「welcome to my dog house」

L'Arc~en~ciel
「All dead」

SOFT BALLET
「EGO DANCE」

hide
「BACTERIA」

THE MAD CAPSULE MARKETS
「ギチ」

BOOM BOOM SATELITES
「MORNING AFTER」

坂本美雨
「15分」

清春
「あの詩をうたって」

TM.REVOLUTION
「HOT LIMIT-under cover ver.」

Lucy
「カワイイアノコ」

LUNA SEA
「WISH-Live ver.-

また、やりたいですな。

chapter 839

Posted by 玲secil on

時代のムーヴメントは、大まかに10年単位で変わるイメージがあります。

60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代、2010年代。

どれも、良き事柄、学べる部分が必ずある。

好む好まないはあるにしても、自分の好きなカテゴリーはどの時代も学びたいなと思います。

自分の場合は音楽ですが、60年代、70年代が疎いです。

90年代に馴染みがあるので、初めは2000年代以降に偏見があったのですが、時代事にある感覚がわかれば 良きものが見えてきます。

もし自分が80年代に馴染みがあれば、90年代に偏見があったかもしれませんし。

先人に学び、未来に活かす。

これだけは、変わらないのかな、と ふと思いました。

chapter 838

Posted by 玲secil on

今話題のポケモンGO、皆さんは やっていますか?

私はポケモンは好きながらも、ポケモンGOは やっていません。

まだガラケーを使っていてやれない、というのもありますが、今のところは やる予定は ありません。

周りの人は ほぼやっているみたいですが。。


流行にのる事は自分の場合ほとんどありません。

自分が惹かれた事が流行であればそれはそれでいいのですが、自分の惹かれるものが流行になる事が まずない。。

多く知られている事でも、好き嫌いが分かれる場合がほとんど。

テレビもほとんど観ず、NHKが多いです。


流行にのれてないからと自信をなくす必要は ありません。

寧ろ、自分だけの真実が見えているなら それでいいです。

chapter 837

Posted by 玲secil on

色々とやっていくうちに、凝り固まっていた考えが変わっていく という感覚を体験した事はあるでしょうか?

最初に こうと決めてやってみたけど、気持ち的に柔軟な余裕が出てきて、狭い範囲ではなく広い範囲で自分を捉える事のできる持ち方。


私は日々色々な事に影響を受けてインスピレーションとなり自分の糧となるので、常に新しい何かを感じている事が自分の感受性を活かす事になります。

スタートがあって、考えが固まってきて それをやってみて、その後 色々な事に改めて触れ、新しい開放の考えを手にいれる。


色々な事をつまらなく感じたり苛々する事は、悲しいです。

そんな気持ちに陥ったら、自分の心を開放して 改めて自分の好きなものに触れる。

何か新しい発見があるかもしれません。

chapter 836 UNISON SQUARE GARDEN 静岡マリナート

Posted by 玲secil on

UNISON SQUARE GARDENのライブを観に、静岡の清水まで行きました。

愛知県からの参戦なので、豊橋から各駅停車のJRに乗り、浜松で乗り換え。。というルートでトータル2時間半くらいは時間がかかったかと思います。

名古屋にライブをしに来るのを待とうとも思いましたが、気持ち的にも予定的にも先走りました。


UNISON SQUARE GARDENは、聴いていてハッピーになるような曲や歌詞が多く、バンドとしての個性を充分持っているので、昨今のシーンのアーティストの中でも かなり好きな方です。

ハッピーな気持ちにさせるパワーを持っている、て凄いですよね。

お客さんは、10代~20代が圧倒的に多く、皆楽しそうでした。

バンドのライブのお客さんで素敵な女の子を見ると おっ!!となるのが男の性ですが、上が白い服で下が夏用のロングスカート、髪が茶色の長めで 楽しそうにゆらゆらのっていた子が とても印象に残りました。

そんな多幸感溢れる素敵なライブを展開するUNISON SQUARE GARDENからは、新たな刺激をもらいました。

自分も、多幸感が出せるような人になりたいな と ふと思いました。


1.エアリアルエイリアン
2.アトラクションがはじまる(they call it ”NO.6”)
3.場違いハミングバード
4.オリオンをなぞる
5.マジョリティ・リポート(darling,I love you)
6.マイノリティ・リポート(darling, I love you)
7.Miss.サンディ
8.パンデミックサドンデス
9.8月、昼中の流れ星と飛行機雲
10.君はともだち
11.等身大の地球
12.天国と地獄
13.mix juiceのいうとおり
14.BUSTER DICE MISERY
15.オトノバ中間試験
16.シュガーソングとビターステップ
17.シャンデリア・ワルツ
18.Cheap Cheap Endroll
19.徹頭徹尾夜な夜なドライブ
アンコール
20.フライデイノベルス
21.スカースデイル
22.桜のあと(all quartets lead to the?)

chapter 835

Posted by 玲secil on

「コネ」という言い方は あれかもですが、つて、知り合い、あて がいる というのは とても大事です。

自分が何かしよう、とした際に 協力や助けになってくれます。

どうやって作るか、というのは 自分の興味があるところに色々と顔を出して、マメに顔を出したり連絡などを取る事です。

自分の事を知ってくれている人がいるというのは、とても大きい。

そこからまた広がります。

広がった先で出会った人は、もしかしたら 自分に新しい感性をくれるかもしれない。

止まらずに進み成長すればするほど、未知の可能性が。。

そうときたら、やるっきゃないですね。