Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

chapter 659

Posted by 玲secil on

とある番組にて、新しい価値観による仕事の働き方について 特集をしていました。

昼寝を推進する会社があったり、食べたいお菓子がストックされている会社もあったり。

とても面白いと思ったのですが、人が効率よく物事をこなしたりアイデアを閃いていく為のプロセスや環境は人それぞれなので、もっとこういう企業が増えてもいいな と思っています。

昼寝をすれば頭が冴える人もいれば、常に甘いものを食べていれば発想がよくなる人もいれば、音楽を聴きながら仕事すれば捗るという人も。。

勿論、会社としての社会的ルールは ある程度必要ですが、あとは社員に任せて自由な在り方でこなしてもらう、というのでノルマを達成していけば、楽しい気がします。

個々の在り方を認めあい支えあう事で、もっと自由な在り方を。


新しい価値観を生み出せる事も仕事能力の一つに思います。

良い職場作り、良い社員の伸ばし方を。

スポンサーサイト

chapter 658 縁

Posted by 玲secil on

縁というものは、不思議なものです。

思いもしないところから、突然現れる縁。

ですが、私の今の考えでは、縁は 現状の自分に対して意味のある人が現れるものだと感じています。

それは、自分が成長できるキッカケであったり、自分も相手も互いに与えあえるものであったり、自分に足りないものや弱さに気付くキッカケであったり、色々。


自分次第で、縁の可能性は とても広がると思います。

もし恋愛で縁を持ちたいと思ったら、自分の在り方の基盤、足りないものを補い、自信を持った状態でコミュニケーションの輪を広げていけば きっと見えてくるでしょう。

勿論、そこまでの努力は険しいものですが、輝いた先に見える縁の光は もっと眩しい。


自分を+にする縁とは何かを見据えて、成りたい自分、関係を持ちたいと思う人を築いていければ また何かを掴めるかもしれません。

chapter 657 Flora

Posted by 玲secil on

実は今年から、新しい名義での音楽活動を開始しました。

高校生の頃にコピーバンドをやっていましたが、実質 オリジナル楽曲でライブハウスに出始めたのが 2006年の1月頃から。

そこから、10年が経ちました。

初めにトライしたバンドでメジャーデビューを狙っていましたが、メンバーの脱退や人間関係の問題で色々あり、1年で解散。

それが結構ショックだったので表立った活動は離れていたのですが、それから3年後くらいに またバンドに加入してライブハウスに出演しました。

本来私の目指すパートはボーカルなのですが、一時期 勉強としてギター、ベース、キーボード、ドラム、と楽器のパートで いくつかバンドを掛け持ちしたりもしました。

そして、勉強は一年で終わり、ボーカルのバンドも また人間関係の問題で抜ける事になり、再度 また考える期間になりました。

一時期、歌う事もやめて 音楽活動じたいを全くしてない時もありましたが、DJとしての出演があったり、あと 久々に自分らしいオリジナル楽曲が完成した事もあり、再度 歌の練習に取りかかり また今年から新しく始める事となりました。

今回は、自分一人で歌い演奏をしていますが、後々に ライブをやる予定で その時はサポートのメンバーを何人かいれてやろうと考えています。

自分の音楽性や在り方を理解してくれる人を、性別問わずに加入してくれたら。。と思っています。


精神状態としては、また久々での表立った活動と、今回は一人で全て行う、という中なので、かなりの不安は正直あります。

ですが、人生は一度きりであり、何もしないで後悔はもう嫌だ、という事で挑戦する決意をしました。


今回新しく始めた名義はFloraというのですが、これは 花に関する由来があり、自分が花が好きな事と フローラという響きが自分らしいな と思い付けました。

活動の予定ですが、初めに 無料配布音源を用意しました。

これを、第一弾、第二弾、第三弾、と月ごとに発表し、その後にミニアルバムを製作。

曲が出揃ったら、サポートメンバーを加えてライブ。

そして、何処かのレコード会社に音源とプロフィールを送り、正式なデビューをして作品を発表していこうというシナリオまで、決めています。

無料配布音源は MTR(マルチトラックレコーダー)というもので録り デモ音源な作りですが、ミニアルバムは レコーディングスタジオを借りて録り、販売の流通をする予定。


決めた事は最後まで思いきりやってみる、それが 次の自分へ向かう挑戦です。

ちなみに、第一弾無料配布音源は タワーレコード近鉄パッセ店、ライカエジソン名古屋店、FILE-UNDER、spazio rita の4店舗でお取扱い中です。

各店舗さんに挨拶まわりして、置いていただきました。

やはり、人との関わりが大事なのだな、と改めて思わされます。


次は、第二弾のレコーディングに 取りかかります。

chapter 656

Posted by 玲secil on

好きなもの、選ぶもので、その人の性格や考え方に人生観などがわかる というのを面白く思います。

朝御飯に 白いご飯と味噌汁を選ぶか、パンとスープを選ぶか など。

好き嫌いの論争も、私は言い合いはあまり好まないですが、実情 面白いものです。


「甘いものが好きでない人は人生を損してる」みたいな事を言われたことはないでしょうか?

私は、「お酒を飲まないのは人生を損してる」と言われた事があります。

確かに、お酒を飲める事で 飲み会への気軽な参加やコミュニティでの盛り上がりなど 色々利点はありますが、お酒が飲めない場合 アルコール中毒で命に関わる場合がありますし、とくにお酒を飲んで盛り上がる場やノリには興味がないので 別にいいのです。

こういう部分でも、その人の在り方の違いが出てきます。

自分のパートナーとなる人は、自分と合った方が良いのか違っても良いのか よくわからないところですが、お互いに把握し理解しあえればいいですよね。


自分の好きなものや選んだ事がある人にとっては類似部分があったり、ある人にとっては真逆だったり。。

色々な人とお話してみると、面白味が見えてきます。

chapter 655

Posted by 玲secil on

「憎しみからは何も生まれない」とは、よく言われるものです。

私も、「憎む」という感情は とても心苦しく、焦燥と苛立ちが常に脳内を蝕むような、嫌な感覚しか浮かびません。

ですが、ほとんどの人が 怒りや憎しみに負の感情などを体験しているかと思います。

逆に、負の感情をうまくコントロールして自発電している人も いるかもしれませんね。

私の場合は うまく使えない側なのですが、嫌な感情に支配されたくない気持ちが強い事もあり 無意識に常に穏やかな在り方でいよう、というのが 私はあります。

良いイメージが持てないものに対しては、考えない、発しない、引き寄せない。

自分にとってマイナスになる、と少しでも感じる事に気付いたら その時からなるべく考えない、取り入れない意識をしたいところ。

chapter 654

Posted by 玲secil on

未来予想図、という曲は有名ではありますが、このタイトル通り これからの未来を創造し叶えていく事で成功を得る場合もあります。

創造を具現化。

計画をノートに書いて 一つ一つ実行していき、出来た項目にチェックを入れていく事が私は浮かびました。


よく聞くのが、いつも成功している自分を具体的に思い浮かべていること。

成功を手にしている人の話で、「私は○○になるから、○○な事を常に頭に浮かべていた」ということを昔やっていたというのをよく聞くのです。

私も、ここ最近は そういう事を考えるようにしています。

そして実行できた事にチェックを入れていく。

人生設計簿とでも言いましょうか。


人生は一度きり。

気付いた時がスタートだと思います。

成りたい自分になる為に一つ一つを叶えていき、また次なる夢を創造していきたいですね。

chapter 653

Posted by 玲secil on

自分の在り方や考え方に向かって頑張ってる中で、他の人の考えや生き方に触れる事は 多くの成果を得たり、自分の今を見直せたりする 良いキッカケになります。

自分一人の進み方でちょっとした迷いや限界を感じたら、人が集まるコミュニティに出向き 自分の考えを素直に話してみるといいです。

そこで、共感や感銘を受けてくれる人もいれば、自分とは違う新しい考え方を提示してくれたり。


人の良き部分に拍手をおくる事も大事です。

誰かを認める事で見えてくるものもあります。


私の経験での話ですが、何かを求めてコミュニティに参加する人は、何かしらの野心があり 色々な話をしてくださります。

そしてこちら側も何かを提示すれば、応えてくれます。

自分の事は、売り込んでなんぼですね。

chapter 652

Posted by 玲secil on

私は、人が悲しんでいたり気分が優れない様子を見ると、気にかかります。

ですが、あまりに度が過ぎるとお節介になるので、そのバランスに気を付ける程度で気にかけるようにしています。

自分自身で出来る事や決断は相手に任せ、こちらは 話を聞いてあげたり 何か手伝える事を伺いながら、少しでも相手の力になれるような事を探す。

でも、自分自身は 何かあっても悟られないようにするタイプ。

さすがに、立ってられない程辛い時は正直に言いますが、でも空気や状況をよんでからですね。


気にかかるのは、私は 子供の泣いている場面や 周りの怒りの空気など、そういう様子に耐えられず、その場の状況がわかってしまうからです。

なので、不安要素を感じる消防車や救急車の音も辛いです。

でも、それが自分なので 気にしません。


誰かの為に何かをする、というより 相手が悲しい気持ちや嫌な感情を持ってもらいたくない というのがあります。

そういう気持ちを抱く事は、辛いですからね。


何度も言っている事ですが、皆さんの心の平和を願っています。

chapter 651 自分の心に正直に

Posted by 玲secil on

自分が本当に大切なものや事柄は、誰に何と言われても 守った方がいいと思います。

一度心が揺らいで見失いそうになっても、自分の心に正直に幸せの在り方を問えば、きっと取り戻せるでしょう。


人には色々な価値観があるわけですが、人の生き方や幸せな形も多種多様。

誰かが「これは、こうだ!」と決めつけられるものではないし、否定されるものでもありません。

ですが、意見や価値観の食い違いに目指す場所が違うと どうしてもぶつかり合うことで相手を否定しがちになったり、自分を見失ったりします。

大切に思う人とすれ違った場合 辛いかもしれないですが、心を開放させクリアな状態にして、とことん話をするのが大事です。


自分の心に正直に向かい合い突き進み、そして立ち止まり、また進み。。の繰り返しで 素敵な自分がまた更新されます。

今思うこと感じることを、とことん表現したいですね。

chapter 650

Posted by 玲secil on

新しく何かを始めようとする時、期待や これからについてのイメージが膨らむ一方、何かしらの不安も付き物です。

やってみなければ見えてこない事もあるので、不安を抱く事は当たり前であり仕方がない事ではありますが、不安で押し潰されて止めてしまわない事が大事です。

実際に一つ一つを計画通りに行い、思い通りにいかない壁があっても、次へ次へ繋げていく強さが、やはり自分を作っていく一番のものです。

自分でいうのはあれですが、私は 繊細なタイプなので、不安に押し潰されそうな時がよくあります。

でも、一つ形にして 改善点と希望が見いだせれば、早く次に行きたくなる事に いつしか気付きました。


腕力とか、心の強さとか、そういうものは人それぞれで 万が一誰かと比べて弱いと思っても、自分ならではの解決への道や個性があり、それを悪く思う必要性は ないのです。

強いていうなら、自分を信じ肯定し 成長できる強さと、自分が本来持つ良さをぶれさせない強さ。

この二つの強さは、重要に思います。


いつからでも始められる強さ。