Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

スポンサーサイト

Posted by 玲secil on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chapter 381

Posted by 玲secil on

失敗を先に多く経験をした後、歳を重ねてから 失敗が経験値に変わるので、次の時に活かせるようになります。

自分の中で、10代が心の形成の時期で、20代が 様々な場で経験を重ね スキルに繋げる、という感覚を得ました。

あの時に あぁいう失敗をしておいて良かったな、とくに 若ければ若いほど早い経験で良かった、と 今振り替えると思うわけです。

勿論、まだまだ経験は重ねるわけですが、私は20代も後半になったので そろそろ20代ならではの集大成を明確にしようかと思ってます。

過去の失敗を経験として前向きに受け入れ、得たこと感じてきたことを 世の中の為に向けて放出できるように。


ポジティブな力は、伝染するといいます。

ポジティブな力は、「笑顔」も含みます。

素敵な笑顔は、こちら側も不思議と笑顔にさせられます。

伝染です。


自分の経験が、ポジティブなパワーとして世の中に広まったら、それは とても意義ある事かと思います。

人間の持つパワーは、凄いです。

スポンサーサイト

chapter 380

Posted by 玲secil on

寒い季節も過ぎ、すっかり初夏に向かう気温となりました。

暑いのは得意かどうかといえば、得意ではないです。

日焼けしやすい体質で ほくろも出来やすいので、紫外線対策としての 日焼け止めUVは必要になります。

脱水症状にもなりやすいので、経口保水液なるものも 夏場には飲んでます。

自分の体調は自分が最も知ってると思うので、そこは 管理が必要ですよね。


初夏になると、冷たい麺が美味しい季節です。

めんつゆに、大根おろしとおろし生姜に山葵ときざみのりを入れ、食べるざるそばが良いなぁ と。

山芋とろろを入れても良いですよね。


暑い時期に、鍋もありです。

代謝がよくなるものか、体がさっぱりするものか。

私はやせ形体質なので、夏は体重の落ちすぎに気を付けなければ なりません。

食欲は、なくしたくないですね。

夏も、美味しい季節です。

chapter 379 毎日が、意味のあるヒントだらけ

Posted by 玲secil on

生きているかぎり、毎日に何かしらの意味がある事は、間違いないと思います。

何も出来なかったとしても、それは 次の時に繋げるキッカケになるでしょうし。

誰かと何かしら関わる機会があるならば、その誰かと過ごした時に起こる事柄に 何かしらの意味があるかもしれません。

目の前に起こる事柄の一つ一つに、何かがあるかもしれないですし。

そんなに難しく捉える必要はないですが、毎日に対して不満や不安な気持ちがあるならば、やはり 何でもない毎日に広がる可能性を探してみると、良いキッカケが生まれるイメージがあります。

普段の暮らしは かけがえのないものなので、そこに不平不満が起こると、どうにもならないですから。

毎日を楽しく過ごすヒントは、毎日あるということ。

それに気付いたら、素敵な何かが待ってる予感。

chapter 378

Posted by 玲secil on

自分を持ってる人は、カッコよく見えますよね。

自分が目指すべきものを明確にしているので、迷いや曇りがなく 堂々として輝いてみえる印象。


私は14歳~19歳くらいの間が 最も自分が見えてなく 常に落ち込んだ状態でいましたが、20歳になる手前から 自分が何者かというところから向き合い、徐々に自分の人生においてのテーマがわかるようになってきました。

そこから、必要なものを自分でチョイスし 日々心の葛藤を経て、今のような心持ちに至ります。

なので、異性にモテるとか お金持ちだとか、そういう次元ではない、今の自分が一番ベストな心の在り方や考えを持った状態である、ということを 日々更新できてる気がします。

他人には どう映るかわからないですが、「自分を持ってるカッコいい人」と誰かから思われていたら、それは嬉しいものです。


音楽、服、映画、本(漫画)、芸術、などは勿論、持論の哲学、は もう堂々と語れますね。

勉強や訓練は永遠なので、そこは 常に自分の状態を認めつつも、調子にのらずいたいものです。


私が見た 「自分を持ってるカッコいい人」で印象に残っているのは、「LIFE」という映画作品に魅せられて 人生の旅を描くスタートをきり 自信と希望に満ち溢れた輝きを放つ、素敵な若い女性です。

この人のように、何かをキッカケに 衝動を動かされる人もいる。

自分が何者かを把握して、感性の赴くままに 自分の気持ちに正直にいけば、惑わされない強さと自信で 突き進むことができるでしょう。

chapter 377

Posted by 玲secil on

仲の良いカップルを見ると、羨ましいな という気持ちになります。

会話が弾み、でも無言の空間も気にならず、手を繋ぐ、何となく似た雰囲気の同士。

街で、よく見かけます。


好きなファッションの傾向が似ていると、音楽や映画など 趣味も好きな世界が同じなのかな、と感じます。

なので、着てる服の雰囲気は 似ている方が良いのかな、と 最近思います。


食の好みも同じだと、気を遣わなくていいイメージです。

何でも話せるとなると、価値観も近いのでしょう。


仲の良い関係を築ける人と出会うには どうすれば、とよく考えていますが、神様が 必要な時に巡り合わせてくれるのかな と。

出会いの縁がない時は、自分に何かが足りない状況なのかな とも思ったり。


お互いの事が何でも話せて、何でも共有できる人、出会ってみたいものです。

chapter 376

Posted by 玲secil on

「モテキ」という漫画原作の邦画作品、実は 面白くて結構好印象です。

音楽、映画、漫画、サブカルチャー、そして 恋愛的な要素がたくさん詰まっていて、楽しいなぁ と。

森山未來さんが、良い味出してます。


モテキは人生に三度ある といいますが、それを活かすかどうかは 自分次第です。

友人から聞いたモテキ体験で面白いな と思ったのが、体育祭の短距離走で速い結果を残した時に 手応えがあった、ということ。

運動神経が良いと、モテますからね。

でも、そのキッカケを活かせなかったそうな。


人のモテキの話を聞くのは、面白いです。

でも、モテキでも何でもそうですが、ピークをそこで決めてしまっては、そこで止まってしまう気がします。

過去の経験を活かして次に繋げ、常に新しい扉を開き 「今がベスト」の更新を続けていきたいですね。

chapter 375

Posted by 玲secil on

「言葉」一つで人生が変わる、という不思議。

言葉の持つパワーは、凄いですね。

どんな言葉が響くかは、自分の現在の状況、昔から経て育った価値観、と 人それぞれ。

私は、人生は 起き上がりコボシのようなものだと思っているので、ジェームスブラウンが言う 「一度倒れた事のある人でないと、立ち上がれない」なる名言が心に残っています。

自分が好きなものを色々と引き寄せてステータスにする事も自分の確立や自信としての強さを得られますが、言葉も 気になったものは何でもメモしてまとめておくと良いかもしれません。

成長する毎に 共感できる言葉や価値観も変わる場合もあると思うので、メモした内容も 増えたり減ったりするかもしれません。

ある意味、自分の成長記録です。

chapter 374 自殺について

Posted by 玲secil on

ここ10年で考えが変わった事が、いくつかあります。

その中の一つに、「自殺」に対する自分の中での見解があります。

14歳~15歳の頃は 心がひどく落ち込んだ状態で、16歳~19歳の途中まで 人生で最も悪い精神状態でした。

自殺に対しては肯定派で、よく未遂まがいな事を繰り返していました。

自分を大切にしてない状態です。

でも、色々な経験をして、 生きているかぎり 必ず「何かがある」という体験をしてから 、どんなに辛くても 人生を放棄したら そこまで、と思うようになりました。

三島由紀夫やNIRVANAのカートみたいな アーティスティックな自害もありますが、一部を除いて 自殺はしない方がいいという考えに今は至ります。

自殺したら、孤独なままです。

誰にも気持ちが伝わらない世界に行くイメージなので、それは 最も辛い。


素敵な人と愛し合い理解しあったり、素敵な友人と共有を得たり、美味しいものを食べたり、素敵な芸術に触れたり。。

必ず道が拓けるはずだと、信じられるようになりました。


生きていれば、必ず「何かがある」という体験、多くの人にしてもらいたいです。

chapter 373 接客

Posted by 玲secil on

接客業を昔から選んでいます。

それは、私自身が 一人で籠って一つの事を行うより、日々 色々な場面に遭遇しながら彩りを添えていくような事に 良いイメージが描けるからです。

接客は、対「人」なので これといった正解はないのですが、それが 勉強になります。

クレームパターンを知る事で、人間の在り方を より知れる。

自分の常識は、他人にとっては 常識ではない場合が多い。


社会と接していくにあたり、どうしても 全部が自分の都合でいくわけにはいかないです。

世の中の流れに適応できる力がないと、社会と接する事は 難しい。

接客業は、世の中の様々な理不尽を逆手に楽しむ場でもあれば、多くの人と接する事で生まれるドラマに立ち会うこともできます。

言葉遣いのマナーも学べますね。

ダメだと思う部分も、律する事ができる。


人それぞれの心掛けがあるわけですが、どんな人からも素直に学べる気持ちで、日々成長していきたいものです。

chapter 372

Posted by 玲secil on

思い込み、概念、というものは 気持ちを左右する上で 結構怖いものです。

そう思えば思うほど深みにハマり、心身ともに 壊れて疲れてしまうほど。

わからないでもないですが、そんな事で悩まなくても大丈夫だよ、ということで思い詰めてる人を よく見かけます。

でも、思い詰めてる事を打ち明けてくれた場合、それは 自分に心を開いてくれてる捉え方ができ、嬉しいものです。

それを認めてほしいのか、大丈夫と言ってほしいのか、そこまでは定かではないですが、話は聞きたいです。


自分が元々ある容姿や性格の魅力は、かけがえのないものです。

生きていく過程で 何かと比べたり戸惑ったりする事で自分を否定しがちですが、自分は自分のままで良い、今よりもっと魅力を磨く楽しい毎日にしよう、という考えに 必ず至れます。

そうなった時、素敵な道が色々な方面に神様が提示してくれるイメージです。


凄く素敵な人でも 本人にしかわからない悩みが必ずありますからね。

孤独から開放する、キッカケが与えられたら 嬉しいです。


足りないものをお互いに補いあえる友達や恋仲が良いですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。