FC2ブログ

Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

THE YELLOW MONKEY 「9999」によせて

Posted by 玲secil on

THE YELLOW MONKEYによる19年振りとなるニューアルバム「9999」が遂に発売したので、即購入。

自分にとっては、発売日(入荷日)に初めて買う事が出来たオリジナルアルバムという 記念すべき作品となりました。

以前活動していたバンドが数年振りに作品を出す場合、過去に確立し定着した良い部分でのパブリックイメージは勿論、「今」だからこそ鳴らせる進化した一面が100%に近い形で合致したら 最高だなと思います。

THE YELLOW MONKEYといえば、過去にインタビューで発言していた吉井和哉さんの言葉を借りるならば、「グラムロックとメタルと歌謡曲が合わさった変な音楽」が曲調やサウンド面でのパブリックイメージとしての魅力。

そこに、バンドとしてのこれまでと これからの希望を持って改めて鳴らされるキャリア最高潮のグルーヴと余裕とギラつき具合が合わされば、彼らにとっての再結成後の作品としては 聴くファンは恐らく満場一致で大満足に思います。

そして気持ちが高ぶった状態で早速「9999」を再生し、メロディーに心を委ね 歌詞に耳を傾けてみると、前述した自分の期待は 勿論全て詰まっていて 初めてTHE YELLOW MONKEYを聴いた時に得られた感動が すぐ蘇ってきました。

「これだ!」と心にジャストフィットした確信と共に聴いていく新曲の数々。。

吉井和哉さんの書く、淫靡ながらもロマン溢れる欲望と見え隠れする心の陰り。

今だからこそ思えるであろう、ソロとは違うバンドとしての未来ある在り方の提示。

と、歌詞の面でも 惹かれ、溺れて、前を向き涙する、というアルバムトータル世界だからこそ堪能できる、THE YELLOW MONKEYの本質的な部分が全開です。

彼らがアルバムバンドである事の再認識は勿論、これから幕を開ける全国ツアーにて ライブバンドとして より楽曲の真意が浮きだってくる面に期待も寄せつつ、今は しっかり聴きこみたいところ。

ファンの方は勿論、少しでも興味がある方には是非とも聴いていただきたい、現在の日本が誇るロックバンドの最重要注目アルバムの一つです。

スポンサーサイト

chapter 1205 2018年 上半期私的ベストアルバム selected 100

Posted by 玲secil on

暑さ日増しに厳しい今日この頃。

いつの間にか、2018年も半年が経ってしまいました。

そんな中、音楽好きな自分としても、いつの間にか上半期に聴いた音楽作品は100枚をとうに超えていました。

個人的な「まとめリスト」という部分も含めて、今年も「上半期私的ベストアルバム2018」と題して、100枚を紹介します。

毎度同じことを言っていますが、僕が好んで選ぶ作品の大半は、流行や社会的な影響などで表立った注目や共感が得られるものとはかけ離れており、基本的に自分自身が心底癒され、日々を彩り、感性を刺激されたものばかりです。

あとは、自身で作詞・作曲をしてアーティスト活動されている方の作品が主で、そこにドラマを感じられたり、好む音楽性に限らず自分が感銘を受けたもの、ベストアルバム(再録ベストは含む)を除いたオリジナルアルバムをメインに選出されています。

心の奥底にあるわだかまりや、何とも形容しがたい自分にしかわからないような感情を、受け入れ抱きしめ癒してくれる。。

自分にとってそれは、ダークでオルタナティブ、繊細で儚く耽美なもの、となるので、人によっては「それのどこがいいの?」と思われるようなものもあるかもしれません。

ですが、このようなフェイバリット作品リストをあげることで、情報交換や共感などの共有ができたり、見てくださった方が新たな音楽やシーンの在り方、音楽に対する向き合い方などの発見になったり、意見がしあえる場になったりしたら、それはこの上ない幸せです。

       「上半期私的ベストアルバム2018 selected 100」※順不同、ベストアルバム除くオリジナルアルバム

image1 (17)
UNDEROATH 「Erace Me」
GOGO PENGUIN 「A Hundred Star」
BRAD MEHLDAU 「After bach」
AA=「(re:Rec)」
acid android 「GARDEN」
Alva noto「UNIEQAV」
Answer Code Request 「Gens」
ART-SCHOOL「In Colors」
The Body 「I Have Fought Against it,But I Can`t Any Longer」

image1 (18)
BRAHMAN「梵唄」
Bruno Sanfilippo 「unity」
club8 「Golden Island」
STEVE REICH 「PULSE/QUARTET」
Daniel Avely 「Song For Alpha」
Dedekind Cut 「Tahoe」
Drinks 「Hippo Life」
Efrim Manuel Menuck 「Pissing stars」
False Advertisting 「Belligerent」

image1 (19)
BUCK-TICK「No.0」
For the Fallen Dreams 「SIX」
Gabar Lazor 「Unfold」
Gallery Six 「snow light」
GANG GANG DANCE 「KAZUASITA」
Goldmund 「OCCASUS」
Grouper 「Grid of Points」
Hypno5e 「Alba-Les ombres errantes」
ICEAGE 「Beyondless」

image1 (20)
Jean-Michel Blais 「Dans ma main」
kira kira 「Alchemy & Friends」
Kraus 「Path」
Labanon Hanover 「Let Them Be Ailen」
Luby Sparks 「Luby Sparks」
marucoporoporo 「In her dream」
Mint Field 「Pasar de las Luces」
Moaning 「Moaning」
Molecule 「-22.7℃」

image1 (21)
Mourn 「Sorpresa Familia」
Nils Frahm 「All Melody」
OKADA 「Misery」
Paara 「Riiti」
People in the box 「Kodomo Rengou」
A Perfect Circle 「Eat the Elephant」
Phew 「Voice Hard Core」
Pinkshinyultrablast 「Miserable Miracles」
A Place to Bury Strangers 「Pinned」

image1 (22)
Plastic tree 「door Adore」
Poison Girl Friend 「das Gift」
Polly 「Clean Clean Clean」
Rafiq Bhatia 「Breaking English」
Recondite 「Daemmerlicht」
Roselia 「Anfang」
ROTTENGRAFFTY 「PLAY」
SANABAGUN 「OCTAVE」
screature 「Old Hand New Wave」

image1 (23)

Sevdaliza 「The Calling」
Shuttle358 「Field」
Soft Kill 「Savior」
The Soft Moon 「criminal」
Submotion Orchestra 「kites」
SUGAI KEN 「tele-n-tech-da」
SCANDAL 「HONEY」
Tim Linghaus 「Memory Sketches」
Tinashe 「Joy ride」

image1 (24)

TomyWealth 「Prey」
Umii 「This Time」
UNISON SQUARE GARDEN 「MODE MOOD MODE」
Warm Bodies 「Warm Bodies」
Wetware 「Automatic Drawing」
XXX TENTACION 「?」
V・A「バンドリ!ガールズバンドパーティ!カバーコレクション Vol.1」
YAMANTAKA//SONIC TITAN 「Dirt」
Yann Novak 「The Future Is a Forward Escape into the Past」

image1 (25)
Zinovia Arvantidi 「Ivory」
清春「夜、カルメンの詩集」
浅井健一& THE INTERCANGE KILLS 「Sugar」
Park Jiha 「Communion」
凛として時雨 「#5」
NINE INCH NAILS 「BAD WITCH」
「NieR:Automata Piano collection」
L'Arc〜en〜Ciel 「25th L'Aniversary live」
A9 「PLANET NINE」

image1 (26)
lynch.「SINNERS-no one can fake my bløod-」
TT 「Love Laws」
BACTERIA 「White out」
Klan Aileen 「MilK」
SUGIZO 「SWITHED ON OTO」
JOHNNY MAR 「Call The Comet」
吉井和哉 「SOUNDTRACK-Beginning & The End-」
the GazettE 「NINTH」
kamasi washington 「HEAVEN/EARTH」

image1 (27)
ONEOHTRIX POINT NEVER 「AGE OF」
Half Waif 「Lavender」
JO PASSED 「Their Prime」
河村隆一「Billboard Live 2018」
umbrella 「ダーウィン」
Gigi Masin 「kite」
ISSAY MEETS DOLLY 「Cabaret Noir」
cero 「POLY LIFE MULTI SOUL」
A Veil of water 「Late Night Loneliness」


image1 (29)
emmuree 「lightless.」

もしベストアルバムを含むなら、DIR EN GEYと遠藤ゆりかさんのアルバムも入ります。

下半期に出会えるであろう、まだ見ぬ作品群も楽しみです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


chapter 1201

Posted by 玲secil on

最近、潜在的にある部分に気づいて自覚し改善していくことが成長に繋がるのかな、と思うようになりました。

自分の気づいていない部分、認めたくない部分が奥にあるかと思いますが、そこはよく見てくれる他人が気づきやすい部分。

「あの人て○○だよね」と言われる部分は、そこにある気がします。

自分が「うまくいってないな」という部分にスポットを当てて、そこを掘り下げていく。

足りない倫理観に気づけるかもしれません。

chapter 1200

Posted by 玲secil on

1200回目の更新、有難うございます。

最近、物事の後回しはよくないな、ということを改めて思いました。

現状で心にとどめていることを、引きずることになるからです。

いつも気持ちをスッキリ状態だと、パフォーマンスの閃きもいいです。

避けたいことであっても、一つ一つその場で向き合いたいもの。


思いついたこともすぐ行動にうつすのもいいですね。

あの時「やっぱりああしておけばよかった」がなくなります。

今日からまた意識してみます。

chapter 1199

Posted by 玲secil on

人生は「愛と愛の支えあい」ということを最近より考えるようになりました。

常に誰かと関わりあって心の状態が左右される。

誰かに親切にされたり、協力して成功を得ると嬉しい気分になります。

自分がされて嬉しいことを他人にすると、また良い形で返ってきたり。

良い気持ちが心を満たすと、心が軽くなる。

心が軽くなると、頭の回転もよくなったり、色々トライしてみたくなったり。

いいことばかりですね。