FC2ブログ

Sonne & Mond

人間生活に於いて、自分の視点で見解を述べていく コラム形式の更新をしていきます。

2020年上半期私的BEST ALBUM selected 100

Posted by 玲secil on

※順不同

The Innocecnce Mission
「See You Tomorrow」

PIA FRAUS
「Empty Parks」

Bohren & Der Club Of Gore
「Patchouli Blue」

DIMLIM
「MISC.」

sleepy.ab
「fractal」

GEZAN
「狂(KLUE)」

tricot
「真っ黒」

Various Artists
「PARADE III 〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜」

MAKE MY DAY
「Mind Heaven」

Matsuoka Hiroaki + Stefano Guzzetti
「impressioni / 印象」

envy
「The Fallen Crimson」

dakota suite & quentin sirjacq
「the indestructibility of the already felled」

THE NOVEMBERS
「Angels」

yMusic
「Ecstatic Science」

Mint Julep
「Stray Fantasies」

Agnes obel
「Myopia」

女王蜂
「BL」

Henning Schmiedt
「Schlafen」

THE HELIOCENTRICS
「 Infinity of Now」

Holy Fuck
「Deleter」

Ultraísta
「Sister」

Code Orange
「Underneath」

downy
「第七作品集『無題』」

lynch.
「ULTIMA」

ビッケブランカ
「Devil」

DJ KRUSH
「TRICKSTER」

Missing Persons
「Dreaming」

清春
「JAPANESE MENU/DISTORTION 10」

水野蒼生
「BEETHOVEN -Must It Be? It still must be-」

MARY BELL PROJECT
「AMNAS」

Develop One's Faculties
「INVERSE ЯEVERSE」

HOLLOWGRAM
「Pale Blue Dot」

Thundercat
「It Is What It Is」

Mabe Fratti
「Pies sobre la tierra」

Moaning
「UNEASY LAUGHTER」

Hilary Woods
「Birthmarks」

Wilsen
「Ruiner」

Lamori
「Neo Noir」

BAROQUE
「SIN DIVISION」

上坂すみれ
「NEO PROPAGANDA」

Asa Tone
「Temporary Music」

Penance
「From the Bottom of DiM Sentiment」

TK from 凛として時雨
「彩脳」

Laurel Halo
「POSSESSED」

Nils Frahm
「Empty」

Carla Bley Andy Sheppard Steve Swallow
「Life Goes on」

Sophie Hutchings
「Scattered On The Wind」

MYRKUR
「Folkesange」

Laura Marling
「Song for Our Daughter 」

Moment Joon
「TENO HIRA」

Awich
「孔雀」

Khruangbin
「Mordechai」

Klo Pelgag
「Notre-Dame-des-Sept-Douleurs」

King Gnu
「CEREMONY」

GREY DAZE
「AMENDS」

The 1975
「Notes On A Conditional Form」

The Weeknd
「After Hours」

Katatonia
「City Burials」

Yves Tumor
「Heaven To A Tortured Mind」

PURE REASON REVOLUTION
「Eupnea」

Violet Cold
「Noir kid」

ORANSSI PAZUZU
「Mestarin kynsi」

Four Tet
「Sixteen Oceans」

Stefano Guzzetti
「Kokoro」

haruka nakamura
「スティルライフ」

THE ORAL CIGARETTES
「SUCK MY WORLD」

MIYAVI
「Holy Nights」

Niklas Paschburg
「OCEANIC」

Per Störby Jutbring
「THE THIEF BUNNY SOCIETY」

Dominic J Marshall
「Nomad's Land」

THE NOVEMBERS
「At The Beginning」

Asian Dub Foundation
「Access Denied」

Viva Belgrado
「Bellavista」

Hania Rani
「Home」

Einstürzende Neubauten
「Alles in Allem」

Xibalba
「Años en Infierno」

原摩利彦
「PASSION」

Camille Thomas
「Voice of Hope」

Toiret Status
「otohime」

Hideyuki Hashimoto
「april – tree」

MUCC
「悪」

Aksak Maboul
「Figures」

GOGO PENGUIN
「GOGO PENGUIN」

Norah Jones
「Pick Me Up Off The Floor」

Jehnny Beth
「TO LOVE IS TO LIVE」

Kate NV
「Room for the Moon」

Ambrose Akinmusire
「on the tender spot of every calloused moment」

RED ORCA
「WILD TOKYO」

William Ryan Fritch
「The Letdown」

Soela
「Genuine Silk」

Rafael Anton Irisarri
「Peripeteia」

Olhava
「Ladoga」

NAFT
「Better Late Than Never」

ENDRECHERI
「LOVE FADERS」

SiM
「THANK GOD, THERE ARE HUNDREDS OF WAYS TO KiLL ENEMiES」

Poppin'Party
「Breakthrough!」

DARKSTAR
「Civic Jams」

Sylvain Chauveau
「Life Without Machines」

epic45
「 We Were Never Here」


以上です。



スポンサーサイト



私的年間BEST ALBUM 2019 selected 100 洋楽編

Posted by 玲secil on

前回の邦楽編に続き、洋楽編の100枚です。

なくなく削った作品が50枚近くあるほど、今年もお気に入りのアルバムが沢山ありました。

ひとまず、熟考した結果がこちらです。
↓↓

※順不同

Pop.1280 「way station」

Matana Roberts 「Coin Coin Chapter Four: Memphis」

Fabrizio Paterlini 「Transitions」

Nick Cave and the Bad Seeds 「Ghosteen」

Coldplay 「Everyday Life」

Alva Noto + Anne-James Chaton 「Alphabet」

Rachel Grimes 「The Way Forth」

Moor Mother 「ANALOG FLUIDS OF SONIC BLACK HOLES 」

Hammock 「Silencia」

Hior Chronik 「Blind Heaven」

Alon Mor  「Lands Of Delight」

Wilderun 「Veil of Imagination 」

CARTER TUTTI VOID 「Triumvirate」

FKA twigs 「Magdalene」

Samantha Sidley 「Interior Person 」

Mamiffer 「Brilliant Tabernacle 」

The Stargazer Lilies 「Occabot」

A Winged Victory For The Sullen 「The Undivided Five」

Various Artists 「Stumm433」

Ryan Teague 「Recursive Iterations」

Steve Hauschildt  「NONLIN」

Alcest 「Spiritual Instinct」

Cigarettes After Sex 「cry」

Black Marble 「Bigger Than Life」

Beth Gibbons 「Henryk Gorecki: Symphony No. 3 '」

Nils Frahm 「All Encores」

kira kira 「UNA」

Lightning Dust 「Spectre」

Angel Olsen 「All Mirrors」

Nivhek 「After its own death 」

DIIV 「Deceiver」

Girl Band 「The Talkies」

Trentemøller 「Obverse」

Vivian Girls 「Memory」

THIS GIFT IS A CURSE  「A Throne of Ash」

Tigran Hamasyan 「They Say Nothing Stays the Same」

KEANE 「Cause and Effect」

Efterklang 「Altid Sammen」

Jenny Hval 「The Practice of Love 」

KOЯN 「The Nothing 」

Chelsea Wolfe 「Birth of Violence」

Pharmakon 「Devour」

Visions 「Temples」

Tool 「FEAR INOCULUM」

HESITATION WOUNDS 「CHICANERY」

Hide 「Hell is Here」

Xiu Xiu 「Girl with Basket of Fruit」

RIDE 「This Is Not A Safe Place」

GRAY 「Shades Of…」

Ingrid Chavez 「Memories Of Flying 」

FOLLAKZOID 「I」

Caterina Barbieri 「Ecstatic Computation」

Clark 「Kiri Variations」

Bokassa 「Crimson Riders」

METZ 「Automat」

Tess Said So 「Piaf's Boyfriend」

DRAB MAJESTY 「MODERN MIRROR」

Susanna & The Brotherhood of Our Lady 「Garden of Earthly Delights」

Thom Yorke 「ANIMA」

Lucy Rose 「No Words Left」

Park Jiha 「Philos」

Vanishing Twin 「The Age of Immunology」

Lexie Liu 「2030」

PLEASURE SYMBOLS 「Closer And Closer Apart」

Sontag Shogun 「It Billows Up」

The Heavy 「SONS」

The National 「I Am Easy To Find」

RAMMSTEIN 「」

FULL OF HELL 「WEEPING CHOIR」

Nots 「3」

Brad Mehldau  「Finding Gabriel」

Priests 「The Seduction Of Kansas」

Tim Hecker 「Anoyo」

VR SEX 「Human Traffic Jam」

Vanessa Wagner 「Inland」

Francesco Tristano 「Tokyo Stories」

The Cranberries 「In the End」

Lamb 「The Secret Of Letting Go」

MARISSA NADLER & STEPHEN BRODSKY  「Droneflower」

Joep Beving 「Henosis」

Léonore Boulanger 「Practice Chanter」

The Cinematic Orchestra 「To Believe」

K A R Y Y N 「The Quanta Series」

Deerhunter 「Why Hasn't Everything Already Disappeared?」

Hauschka 「A Different Forest」

These New Puritans 「Inside The Rose」

POPPY ACKROYD 「Resolve Reimagined」

JESSICA PRATT 「QUIET SIGNS」

Inter Arma 「Sulphur English」

Simon Scott 「Soundings」

THE COMET IS COMING 「Trust in the Lifeforce of the Deep Mystery」

COSEY FANNI TUTTI 「Tutti」

Julia Kent 「Temporal」

BILLIE EILISH 「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」

COPELAND 「Blushing」

FENNESZ 「AGORA」

Piroshka 「Brickbat」

MARIA SOMERVILLE 「ALL MY PEOPLE」

Claude Fontaine 「Claude Fontaine」

BRING ME THE HORIZON 「amo」

Collection d'Arnell-Andrea 「Another Winter 」


以上です。

今年も読んでくださりありがとうございました。

2020年代の音楽シーンがどうなるのか、今から楽しみですね。

私的年間BEST ALBUM 2019 selected 100 邦楽編

Posted by 玲secil on

2019年で2010年代も終わり、自分にとってあっという間な10年であり、今年事態も非常に早く終わりました。

音楽に対する自分の日々においての重要性は変わらず、寧ろより「大事であること」の確信が持てました。

色々な音楽やアーティストの在り方を知ることが、自分にとって多種多様な価値観を認めることに繋がり、音楽が自分の人生に寄り添い救われることは勿論、平和的な心向きや人間関係における成長まで、深く改めて気づかされることになったことに、心から喜びを感じております。

音楽を好きな同士様に単純に沢山の音楽の良さを共有したい、という思いだけで毎年選んでいるその年の個人的に良かったアルバム作品の紹介ですが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。

そんな今回は、2019年の個人的に聴いて良かったアルバム作品から100枚を選びました。

時間がなかったのでリストアップのみになりますが、「あれが入ってる!これが入ってない!」と楽しんでいただければ幸いです。

順不同

LUNA SEA 「CROSS」

Maison book girl 「海と宇宙の子供たち」

Fugenn & The White Elephants 「Layer of soul」

minus(-) 「C」

OLDCODEX 「LADDERLESS」

Fear, and Loathing in Las Vegas 「HYPERTOUGHNESS」

SOIL & "PIMP" SESSIONS  「MAN STEALS THE STARS」

UVERworld 「UNSER」

Various Artists 「井上陽水トリビュート」

[.que] 「Any」

KEN ISHII 「Möbius Strip」

DEZERT 「black hole」

坂本真綾 「今日だけの音楽」

midori hirano 「Mirrors in Mirrors」

小沢健二 「So Kakkoii 宇宙」

Dos Monos 「Dos City」

割礼 「のれないR&R」

ROTH BART BARON 「けものたちの名前」

Polly 「FLOWERS」

筋肉少女帯 「LOVE」

Boris 「Love&Evol」

ずっと真夜中でいいのに 「潜潜話」

Various Artists 「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.1」

Various Artists 「キャロル&チューズデイ」VOCAL COLLECTION Vol.2」

THE BACK HORN 「カルペディエム」

KANDYTOWN 「ADVISORY」

GALNERYUS 「INTO THE PURGATORY」

Angelo 「FAUST」

POLYSICS 「In The Sync」

スピッツ 「見っけ」

GLAY 「NO DEMOCRACY」

DEVILOOF 「鬼」

浅井健一 「BLOOD SHIFT」

勝沼恭子+三宅純 「COLOMENA」

Jessica / Mizuha Nakagawa / Hauschka 「RE-DEBUSSY」

9mm Parabellum Bullet 「DEEP BLUE」

People In The Box 「Tabula Rasa」

For Tracy Hyde 「New Young City」

OGRE YOU ASSHOLE 「新しい人」

清春 「Covers」

WRENCH 「weak」

いろのみ 「琹の葉 / kotonoha」

coldrain 「THE SIDE EFFECTS」

彩冷える 「辞するモラトリアム」

Anoice 「Ghost in the Clocks 」

AA= 「♯6」

INORAN 「2019」

the HIATUS 「our secret spot」

MIYAVI 「NO SLEEP TILL TOKYO」

J 「Limitless」

The Wisely Brothers 「Captain Sad」

女王蜂 「十」

Meitei 「Komachi」

Smany 「to lie latent」

BUMP OF CHICKEN 「aurora arc」

ENDRECHERI 「NARALIEN」

DYGL 「Songs of Innocence & Experience」

yohiaco 「kéɪn」

藤倉大 「ざわざわ」

サカナクション 「834.194」

She, in the haze 「ALIVE」

カジヒデキ 「GOTH ROMANCE」

Tujiko Noriko 「kuro(OSE)」

人間椅子 「新青年」

椎名林檎 「三毒史」

EGO-WRAPPIN' 「Dream Baby Dream」

D'ERLANGER 「roneve」

GRANULE 「PAIN, RITUAL & LIFE」

Tomoya naka 「SUN」

NAMBA69 「CHANGES」

HYDE 「Anti」

ATOM ON SPHERE 「The Secret Life Of Mine」

本田毅 「Effectric Guitar」

THE YELLOW MONKEY 「9999」

桑原あい with スティーヴ・ガッド&ウィル・リー 「Live at Blue Note Tokyo」

THE SLUT BANKS 「NOIZ THE RIPPER」

Black Boboi 「Agate」

SEKAI NO OWARI 「Eye」

Suchmos 「THE ANYMAL」

The Birthday 「VIVIAN KILLERS」

THE NOVEMBERS 「ANGELS」

THA BLUE HERB 「THA BLUE HERB」

鎌野 愛 「muonk」

sassya- 「脊髄」

ACE OF SPADES 「4REAL」

ORIGINAL LOVE 「bless you!」

GRAPEVINE 「ALL THE LIGHT」

MONO 「Nowhere Nowhere」

BALZAC 「HYBRID BLACK」

King Gnu 「sympa」

ammakasienoka 「LITTLE GHOST HOUSE」

MORRIE 「光る曠野」

圭 「4deus.」

BAROQUE 「 PUER ET PUELLA 」

sukekiyo 「INFINITIUM」

DALLE 「DESTROYED TO DISCORD. AND THE REASON 」

coconoe 「或る日のhalo」

Poppin'Party 「Poppin'on!」

マヒトゥ・ザ・ピーポー 「不完全なけもの」

101A 「dance in a dim….」

以上です。

次回は洋楽編となります。













2010年代私的BEST DISC selected100 邦楽編

Posted by 玲secil on

先日の洋楽編に続いて、今回は邦楽編です。


※順不同

acid android 「13:day:dream」 2010

THE NOVEMBERS 「ANGELS」 2019

LUNA SEA 「A WILL」 2013

THE YELLOW MONKEY 「9999」 2019

INORAN 「Watercolor」 2010

Roselia 「Anfang」 2018

DIR EN GREY 「The Insulated World」 2018

UNISON SQUARE GARDEN 「CIDER ROAD」 2013

matryoshka 「Laideronnette」 2012

BUCK-TICK 「或いはアナーキー」 2014

黒夢 「黒と影」 2014

School Food Punishment 「amp-reflection」

スピッツ 「とげまる」 2010

SIMI LAB 「Page2:Mind Over Matter」 2014

Creature Creature 「INFERNO」 2010

浅井健一 「NANCY」 2014

SHERBETS 「CRASHED SEDAN DRIVE」 2016

DER ZIBET 「不条理」 2018

THA BLUE HERB 「TOTAL」 2012

BRAHMAN 「梵唄 -bonbai-」 2018

アリス九號. 「Supernova」 2014

lynch. 「GALLOWS」 2014

ROTH BART BARON 「ATOM」 2015

D.A.N. 「Sonatine」 2018

Aureole 「Imaginary Truth」 2010

downy 「 第六作品集『無題』」 2016

sukekiyo 「IMMORTALIS」 2014

BAROQUE 「PLANETARY SECRET」 2015

MORRIE 「HARD CORE REVERIE」 2015

SUGIZO 「音」 2016

minus(-) 「O」 2016

坂本龍一 「async」 2017

清春 「SOLOIST」 2016

Klan Aileen 「Milk」 2018

吉井和哉 「STARLIGHT」 2015

aoki yutaka 「Lost in Forest」 2017

坂本真綾 「FOLLOW ME UP”FINAL at 中野サンプラザ」 2016

Melodia 「Saudades」 2013

POLYSICS 「What's This???」 2016

Spangle call Lilli line 「Dreams Never End」 2019

THE MORTAL 「I AM MORTAL」 2015

BOOM BOOM SATELLITES 「SHINE LIKE A BILLION SUNS」 2015

films 「signs from the past」 2015

Anoice 「Black rain」 2012

TK from 凛として時雨 「white noise」 2016

Fear, and Loathing in Las Vegas 「Feeling of Unity」 2015

9mm Parabellum Bullet 「Waltz on Life Line」 2016

ギロム 「ギロムとは何か」 2014

Arai Tasuku 「Sin Of Children」 2014

EAT YOU ALIVE 「The World is mine」 2011

Kyoka 「 Is (Is Superpowered)」 2014

OMSB 「Think Good」 2015

DEAD END 「Dream Demon Analyzer」 2012

[ALEXANDROS]  「ALXD」 2015

For Tracy Hyde 「he(r)art」 2017

kannivalism 「helios」 2010

sleepy ab. 「Mother goose」 2011

Asylum 「AWAKE IN A REVISITED WORLD 」 2016

Boris 「New Album」 2011

AuMusa ei 「印象」 2011

柴田淳 「COVER 70's」 2012

L'Arc-en-Ciel 「BUTTERFLY」 2012

N'夙川BOYS 「24HOUR DREAMERS ONLY!」 2012

bloodthirsty butchers 「青春」 2014

林邦男 「VERSE」 2011

IKEBANA 「When You Arrive There」 2013

ハチスノイト 「Illogical Dance」 2017

圭 「4deus.」 2019

河村隆一 「Fantasia」 2011

PaymoneyTomyPain 「gene」 2013

CASCADE 「メガラニカ」 2010

SOPHIA 「未来大人宣言」 2013

UVERworld 「THE ONE」 2012

THE BIRTHDAY 「VISION」 2012

amber gris 「AROUND CHILDREN」 2013

NOCTURNAL BLOODLUST 「THE OMNIGOD」 2014

東京事変 「深夜枠」 2012

BALZAC 「Bloodsucker」 2015

椎名林檎 「三毒史」 2019

dip 「neue welt」 2014

AA= 「#5」 2016

MONACA 「Piano Collections NieR:Automata」 2018

Hi-Standard 「THE GIFT」 2017

くるり 「THE PIER」 2014

the GazettE 「TOXIC」 2011

Cocklobin 「Iris」 2012

cali≠gari 「13」 2017

gibkiy gibkiy gibkiy 「In incontinence」 2017

DosMonos 「DosCity」 2019

MONO 「Nowhere Now Here」 2019

鎌野愛 「muonk」 2019

D'ERLANGER 「roneve」 2019

金子ノブアキ 「Fauve」 2016

BACK DROP BOMB 「Loftinaction」 2014

BIGYUKI 「Reaching For Chiron」 2017

PERSONZ 「夢の凱旋-TRIUMPH OF DREAM-」 2015

SADS 「THE 7 DEADLY SINS」 2010

keeno 「before light」 2015

world's end girlfriend 「LAST WALTZ」 2016


以上です。

2010年代私的BEST DISC selected100 洋楽編

Posted by 玲secil on

あっという間に、2010年代も残すところあと少し。

自分も大人になり金銭面での余裕ができたこともあり、2010年代は比較的色々なCD作品を手に取ることができました。

そんな事もあり、リリースされた全ての作品を聴いたわけでもなく好みの偏りもだいぶありますが、自分の中での2010年代の良かったアルバム作品を振り返り、100枚に絞ってひとまず洋楽編を選んでみました。

「あぁ、そんな作品あった!」 「これ自分もよく聴いた!」というような意見から「あれが入ってない!」というご指摘まで、音楽ファンの同士様と共有できたら幸いです。

邦楽編はまた別の時に近々選出してアップします。

2010年代私的BEST DISC selected100 洋楽編 ※順不同
↓↓

SAVAGES 「Silence Yourself」 2013

Esben and the Witch 「Older Terrors 」 2016

Daughter 「Not to Disappear 」 2016

WARPAINT 「WARPAINT」 2014

Goldmund 「Sometimes」 2015

Efterklang 「Piraminda」 2012

Sigur Rós 「Inni」 2011

Blonde Redhead 「Barragan」 2014

PIANO MAGIC 「Life Has Not Finished With Me Yet 」 2012

Haushka 「Abandoned City」 2014

Sophie Hutchings 「Wide Asleep 」 2016

NINE INCH NAILS 「Hesitation Marks」 2013

SLOWDIVE 「SLOWDIVE」 2017

Underworld 「Barking」 2010

Suede 「Night Thoughts」 2016

RADIOHEAD 「A Moon Shaped Pool」 2016

Under Byen 「 Alt er tabt 」 2010

Charlotte Gainsbourg 「Rest」 2017

Archive 「Restriction 」 2015

Bjork 「Valnicura」 2015

Einstürzende Neubauten 「LAMENT」 2014

THE ROOTS 「undun」 2011

Jóhann Jóhannsson 「orphee」 2016

Les Discrets 「Prédateurs」 2017

Worm Ouroboros 「Come The Thaw 」 2012

HORROR VACUI 「In Darkness You Will Feel Alright 」 2012

Pop. 1280 「Paradise」 2016

EFFI BRIEST 「Rhizomes」 2010

SLUG GUTS 「Playing In Time With The Deadbeat」 2012

Iceage 「Plowing Into the Field of Love 」 2014

A Place to Bury Strangers 「pinned」 2018

David Bowie 「Black Star」 2016

DEER HUNTER 「Halcyon Digest」 2010

Sky Ferreira 「Night Time My Time」 2013

Chelsea Wolfe 「Birth of Violence 」 2019

Mamiffer 「 Mare Decendrii 」 2011

Julia Kent 「Asperities」 2015

Ólafur Arnalds  「…and they have escaped the weight of darkness」 2010

The Album Leaf 「A CHORUS OF STORYTELLERS 」 2010

Nils Frahm 「The Bells」 2010

Massive Attack 「HELIGOLAND」 2010

Philip Selway 「Weatherhouse」 2014

The Cranberries 「In the end」 2019

Grouper 「Grid of Points」 2018

COLDPLAY 「Ghost Stories」 2014

LINKIN PARK 「The Hunting Party」 2014

TINASHE 「Aquarious」 2014

The Internet 「Ego death」 2015

SUBMOTION ORCHESTRA 「KITES」 2018

Bohren & Der Club Of Gore 「Piano Nights」 2014

Stefano Guzzetti 「Japanese Notebooks」 2017

Pill-Oh 「Vanishing Mirror」 2012

THESE NEW PURITANS  「Field of Reeds」 2013

Scott Walker 「 Bish Bosch」 2012

Copeland  「Ixora」 2014

Fennesz  「Agora」 2019

Esmerine 「LOST VOICES」 2015

SCREATURE 「SCREATURE」 2015

Kammerflimmer Kollektief  「Désarroi」 2015

CLUB 8 「PLEASURE」 2015

cicada 「ocean」 2015

Poppy ackroyd 「Feathers」 2014

Cigarettes After Sex 「Cigarettes After Sex」 2017

Black elk 「Sparks」 2012

Waves on canvas 「In to the Northsea」 2012

Aspidistrafly 「A Little Fable」 2011

LEONORE BOULANGER  「Feigen Feigen」 2016

X-TG 「Desertshore / The Final Report」 2012

Mammal Hands 「Floa」 2016

GOGO PENGUIN 「A HUMDRUM STAR」 2018

Nile Rodgers & Chic 「It's About Time」 2018

Hypno5e 「Alba: Les Ombres Erranted 」 2018

kira kira 「Alchemy & Friends」 2018

HUMAN ABSTRACT 「Digital Veil」 2011

MOGWAI 「Hardcore Will Never Die But You Will」 2011

nunu 「nunu」 2011

MUSE 「2nd Law」 2012

LAUREL HALO 「DUST」 2017

KAKI KING 「GLOW」 2012

KANYE WEST 「YEEZUS」 2013

Inter Arma 「Sky Burial」 2013

Alice Sara Ott 「NIGHT FALL」 2018

STILL CORNERS 「Strange Pleasures」 2013

BESTIAL MOUTHS 「Hissing Veil」 2014

DRAB MAJESTY  「The Demonstration」 2017

FITNESS FOREVER 「Tonight」 2017

Lamb 「Backspace Unwind」 2014

Queens of the Stone Age 「Villains」 2017

To Destroy A City 「Go Mirage 」 2017

Napalm Death 「Apex Predator – Easy Meat」 2015

CONVERGE 「The Dusk In Us」 2017

Susanna 「Go Dig My Grave」 2018

Gallery Six 「Snow Light 」 2018

Billie Eilish  「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」 2019

Park Juha 「Communion」 2018

METZ 「Automat」 2019

Last Days 「Seafaring」 2017

Autechre 「elseq 1-5」 2016

Brett Anderson 「Black Rainbows」 2011

Hammock 「Chasing After Shadows...Living with the Ghosts 」 2010

以上です。